英語リスニングのコツ

英語リスニング力アップなら聞き流してはいけない

  1. HOME >
  2. 英語リスニングのコツ >

英語リスニング力アップなら聞き流してはいけない

リスニング力をアップするために洋楽を聴いたり洋画は字幕版にしたり、日頃から英語の聞き流しを実践しているという方も多いかもしれません。

でも英語を耳に入れまくっている割に効果が感じられないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。

それは、自分のレベルに合っていない聞き流し方だからかもしれません。

また軽く聞き流すのではなく、集中して聴くことも大事な要素です。

この記事では、大きく二つのレベルで異なるリスニング力アップに活かす聞き流しのコツをご紹介します。

英語のリスニングレベルに合った聞き流し

リスニングのレベルを大きく二つに分けると、まだ英語の音を拾えない<段取りレベル>と拾えるようになった<仕事レベル>があります。

単語や文法を理解できるかはではなく、英語の音を拾うことができる耳が出来上がっているかどうかの違いです。

英語の音を拾える耳を育てる下準備に大半の労力をかけ(段取り)、次の段階として拾った音を理解できるように仕上げる(仕事)という流れが効率的にリスニング力を上げるコツなのです。

詳しくは「英語リスニングのコツは段取り八分仕事二分」で!

英語を拾える耳かどうかで異なる

例えばクリスマスの時期にあちこちで流れている英語の「赤鼻のトナカイ」。

いわゆる子供向けの簡単な曲ですが、どのくらいの歌詞が聞き取れますか? (↓の動画は歌詞表示があるので、初めは画面をみないで聴くだけにしてみて下さい。)

実はメンバー全員を紹介するナレーションから始まっています…

You know Dasher, and Dancer, and
Prancer, and Vixen, Comet, and Cupid, and Donder and Blitzen...

But do you recall the most famous reindeer of all...?

真っ赤なお鼻の〜♪はこんな感じ…

Rudolph, the red-nosed reindeer

had a very shiny nose

and if you ever saw it

you would even say it glows.

これだけ毎年毎年繰り返し聴いていても、日本語で歌詞の意味を知っていても、あまり聞き取れなかった方も多いのではないでしょうか。

ところが耳が英語の音を拾ってくれるようになると、スルスルと耳の中に英語の音が入ってきてくれます。

クリスマスソングはもとより、好きなアーティストの音楽を聴いていても歌詞が聴こえてきますし、映画を観ていても会話の声が拾えます。

アメリカ大統領のスピーチや有名人のプレゼンテーションでも同様です。

例えばスティーブ・ジョブズの有名なスタンフォード大学の卒業式のスピーチ。

英語の音が拾えるかどうかは、単語が理解できるかどうかではありません。

学会の発表や難しいロースクールの授業と違い、大勢に理解してもらうためにスピーチはできるだけわかりやすい言葉で語られるものです。

このスティーブ・ジョブズのスピーチも同様で、とりあえず耳で音が聞き取れさえすれば、今まで覚えてきた単語だけでも大まかには理解できます。

スピーチの内容を理解しようとする前に、英語の音が拾えるように耳を育てましょう!

聞き流さずに集中して聴いて、流す

そしてもう一点、聞き流しをする上で忘れてはならないなことがあります。

あなたの英語リスニングレベルに関わらず、バックグラウンドでさらっと聴くのではなく集中して聴ける環境を整えて聴くということ。

耳から音を入れる動作を「聞く」(hear)と言いますが、同じ聞くでも特に意識して注意深く耳を傾けて音を入れて入れている動作は「聴く」(listen)になります。

このことからもわかるように英語のリスニング力を鍛えるためには、聞いて流してしまわずに、耳を傾けしっかり集中して聴くことがなによりも重要なのです。

ジョギングや料理をしながらでも集中できるという人もいるかもしれませんが、自転車を避けたり信号に注意したり、料理の手順を考えたり、普通の人にとって何かをしながら音だけに集中するのは至難の技。

せめて慣れるまでは椅子に座ってじっくり聴くことに集中してみましょう。

英語のリスニング力上げる練習<段取りレベル>

段取り段階とはまだ英語の音が耳で拾えるように練習をしている段階です。

英語の音を拾える耳を作る段取り段階の3つのステップはこちら…

英語を拾える耳を育てるための3つのステップ

①英語と日本語の音の違いを理解する

②英語の正確な発音を身につける練習(発声)

③聞こえた英語をそのまま書き出す練習(リスニング)

歌であれ、絵本であれ、プレゼンテーションであれ、集中して聴いてください。

また確認のためにスクリプトや字幕つきで手に入ればバッチリです。

ただしリスニングの練習で必要なスクリプトや字幕は英語であることが必須です。

ここでいくつか英語を拾える耳を育てる練習に使えるアプリやYouTube番組をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

易しい英語から始めるなら絵本の読み上げがおすすめ

難しい!わからない!意味がない!と感じてしまうとどんな勉強でも苦痛になります。

易しい英語から始めて自信をつけましょう。

子供向けの絵本を英語で読みあげてくれるアプリはリスニングに自信がない、何十時間もかかる大人向けの本はちょっと…と足踏みしているかたにおすすめです。

子供向けの読み上げは、子供でもわかりやすいようにゆっくり読み上げてくれるのが特徴です。

発音を確認しながら丁寧に声に出して読んでみましょう。

話の意味はイメージできれば十分。

一文一文の意味に引っかからずに「発音」と「聞き取り」だけに集中してください。

同じ本をなんども繰り返し読んでみるのもいいですし、いろんな本に挑戦してみるのもいいですね。

慣れてくれば数分で一冊読み終えてしまうので、読み終わりの満足感をモチベーションアップにも繋げられます。

Story Time at Awnie's House (YouTube Channel)

Awnieさんがいろんな声色を使い、絵本を読んでくれる動画がたくさんあります。

アニメーションではなくもともとのページをそのまま生かしているので、絵本の世界に引き込まれること間違いありません。

StoryTime at Awnie's House

FarFaria Stories: Read Along To Me Childrens Books

料金:1日に一冊までは無料。¥600/月で読み放題。

スクリプト:絵本内に記載あり。

FarFaria Read Along Kids Books

FarFaria Read Along Kids Books

Intuary無料posted withアプリーチ

よみあげ絵本

なんとこのアプリのすごいところは、完全無料で世界の名作だけではなく私たちに身近な日本の絵本も含めて30話弱が読み放題なところです。

字幕も音声も英語を選ぶことができますよ。

料金:無料

スクリプト:無料で英語が選べます。

よみあげ絵本

よみあげ絵本

dcWORKS Inc.無料posted withアプリーチ

絵本の読み上げアプリはたくさんあるので、いろいろ試してみるのもいいかもしれません。

音楽好きなら大好きな音楽も楽しめて一石二鳥

音楽がお好きなら英語の曲の聞き流しがおすすめ。

とにかく自分の好きな曲をじっくり聴いてみましょう。

何かをしながらさらっと流してはいけません。集中して聴いてください。

気になる単語があれば単語(意味というよりは音)をチェックします。

絵本の読み上げと同様に、意味を理解しようとするのではなく「発音」と「聞き取り」に集中してください。

自分が思っていた通りの単語でしたか?

歌詞をみながら一緒に歌って発音の練習もしましょう。

キッズ向けの音楽チャンネル (YouTube Channels)

小さいお子さんが周りにいるなら、子供も楽しめるYouTube番組がおすすめです。

恥ずかしさを捨て、ぜひ一緒に歌ってください。

参考までに我が家の幼稚園児が気に入って一緒に歌っていたのはこちらのチャンネルです。

最初は早すぎてついていけないと感じるかもしれませんが、小さい子供が歌えるのならあなたにもできないわけがない!と信じて何度でも頑張りましょう。(小さい子供は耳で聞くだけでそれっぽく歌えるようになってくるのですから、本当にすごいですよ。)

英語の歌詞が表示されていない動画はサブタイトル機能(CC/クローズドキャプション )をオンにしてみてください。

Apple Music

月々の利用料金はかかりますが、なんと7,000万曲から聞きたい放題できる音楽サービスです。

歌詞もついているのでとても簡単に歌詞チェックができます。

自分が好きな曲を選ぶのがコツですが、慣れてくるまでは易しい歌詞やゆっくりな曲がおすすめ。

前述の、歌詞を全く知らなかった英語のクリスマスソングやキッズソングなども、聴くたびに新しい歌詞の発見があると思いますよ。

とにかくじっくり集中して聴いて丁寧に真似する、が大事です。

料金:最初の3ヶ月は無料で利用可。学生¥480/月、個人¥980/月、ファミリー¥1,480/月

スクリプト:追加料金なし。

Apple Music

Apple Music

Apple無料posted withアプリーチ

LyricsTraining

このアプリ自体はあまり発声練習向けとはいえませんが、ゲーム感覚で聞き取りテストをしてくれる優秀音楽アプリです。

歌詞を穴埋めするゲームで、得点が加算されていくとどんどんやる気が刺激されてしまいます。

レベルをあげると、一曲あたりの穴埋め箇所が増えてかなり難しくなります。

自分の好きな曲の歌詞がわかってくると楽しいですし、世界中の高得点者と比較してみるのも面白いですよ。

料金:1日3回までなら支払いの登録などもなしに無料で使えます。無制限のプレミアムプランは¥550/月、¥3,800/年。

LyricsTraining

LyricsTraining

Elasthink無料posted withアプリーチ

 

小学生レベルから展開するNHK語学講座もマル

NHKではラジオだけではなくテレビでも語学講座を放送しています。

ウェブサイトやラジオアプリ、語学アプリなど、一体どれが正解なのか迷いますが、私がおすすめするのはNHKラジオ第2の語学講座を聴くことができる「NHKゴガクアプリ」です。

NHK ゴガク

なんと言っても基礎英語0という小学生向け講座から社会人向けまで、自分の英語のレベルにあった講座を選べるのが強み。

アプリだとライブ放送は聴けませんが、1週間分の放送を翌週の月曜日午前10時から1週間の間にまとめて聴くことができます。(ライブ放送が聴きたい人にはらじる★らじるのアプリがおすすめです。)

番組も短いものだと5分から長くても15分と、とてもコンパクトにまとまっているのも続けやすいポイントですね。

日本語による解説も多いので、英語だけに抵抗がある人にもおすすめです。

今日のキーワードや大事なセンテンスなど、じっくり集中して聴いて丁寧に真似してみましょう!

英語の番組もこんなにたくさん。

料金:無料

スクリプト:一部番組をのぞいて別途本を購入する必要あり。テキストは本屋さんのほか電子版ならオンラインで購入することもできます。

NHKゴガク 語学講座

NHKゴガク 語学講座

NHK (Japan Broadcasting Corporation)無料posted withアプリーチ

英語のリスニング力上げる練習<中級〜上級レベル>

聞き取れる単語(音)は増えてきましたか?

あなたの耳が英語の音を拾えるようになってきた証拠です。

人によっては長くかかると感じることもあるかもしれませんが、焦りは禁物です。

集中して聴いていれば、ある時本当に「あれ?」と思うことに気がつくはずです。

英語を拾える耳ができてきたと感じたらぜひレベルアップしてください。

もっと長い文章やテンポの速い会話などにも挑戦して英語の音に慣れていきましょう。

耳に入りやすくなると、意味も気になってくるでしょう。

わからない単語や気になる言い回しは、さらっと意味を調べてもオッケーです。

プレゼンテーション

 

TED Talks

今やプレゼンテーションといえばTEDと言っても過言ではないくらい、プレゼンテーションの代名詞のようになりつつあるTEDです。

キャッチフレーズ「ideas worth spreading」に表される通り、世界各国の知識人・文化人・専門家・著名人・一般人による様々な分野のアイデアを紹介する講演動画を無料配信しています。

ぜひ興味のあるスピーチを見つけてみてください。

無料でスクリプトの表示ができるのも便利ですね。

料金:無料

スクリプト:無料

TED

TED

TED Conferences LLC無料posted withアプリーチ

本の読み上げ

Amazon Audible

「本は、聴こう」でおなじみのアマゾンオーディブル。

プロのナレーターが朗読した本をいつでもどこでも聴けるアプリです。

さすがアメリカが誇るアマゾンだけあって、日本にいながらこれだけの洋書のセレクションにアクセスできるなんて申し分ありません。

読みスピードの速さを調整することも可能なので、ネイティブの読む速さに自信がないうちは少しゆっくりのスピードに下げて挑戦してみましょう。

著者本人によって読まれているミシェルオバマの「Becoming (邦題:マイ・ストーリー)」19時間3分)は、本の内容はもとより聴きやすい英語としてもかなり評価の高い作品です。

村上春樹の本はたくさん英語に翻訳されているので、村上ファンならとっつきやすいかも。

イギリス英語に興味がある人は一斉を風靡した「Harry Potter9時間33分)も面白いかもしれません。

すでに読んだことのある本であれば、聴きながらイメージも湧いて聴きやすいですよ。

料金:30日間(1冊無料)の無料お試し期間あり。お試し終了後は月額1,500円で本の値段に関係なく1冊受け取れます。2冊目以降は定価の30%引きで購入できます。

スクリプト:アプリ内にはないので、本を別途用意する必要あり

Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック - オーディブル

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

語学番組

ALL EARS ENGLISH

LindseyとMichelleがメインでホストするアメリカ英語を学ぶ15分程度の賑やかな番組。

英語の勉強法だけではなく、アメリカ人がよく使う言い回し、生活習慣、考え方、流行っているものなど様々なトピックが取り上げられます。

ガツガツ英語を勉強しようというよりは、英語について楽しく語る井戸端会議に紛れ込んでしまったかのような講座です。

聞き取れるようになってくると、ついつい相槌を入れたくなってしまいそうなくらい臨場感あふれる会話が楽しめます。

ウェブサイト:https://www.allearsenglish.com/

料金:無料

スクリプト:1週間分まとめて(3エピソード)$13.99を別途購入

All Ears English ポッドキャスト

All Ears English ポッドキャスト

All Ears English, LLC無料posted withアプリーチ

映画の予告編いろいろ

映画でリスニングの練習をしたいけれど一本まるまる観ている時間を作れないという方や集中力が持たないという方には、映画の予告編(オフィシャル・トレイラー)もおすすめです。

予告編はその映画の面白い場面が数分に凝縮されているので、集中して聴くのにもってこいなのです。

予告編で自信がついたら本編に挑戦してもいいですね。

YouTubeをはじめアマゾンプライムビデオやHulu、Netflixなど、自宅を一歩も出なくても世界中の映画が観れる時代にこれらを利用しない手はありません!

記事の中にスクリプトも記載していますので、ぜひ使ってください。

今後どんどん充実させて行く予定です♪

英語のリスニング力上げる聞き流し<仕上げレベル>

聞き取れる量が随分増えたのではないでしょうか。

「この単語の意味はなんだったかな?」と思うことはあるかもしれませんが、「この単語」が聞き取れているのなら十分です!

英語字幕がある映画やドラマ

どのサービスにするかは料金や自分の興味のあるコンテンツの量などそれぞれの嗜好にあったものが一番良いでしょう。

日本語の字幕ではできるだけ観ない(読まない)ようにします。

英語で聞いて、必ず英語の字幕(スクリプト)で確認することが理想です。

  • Hulu (2週間の無料お試し期間あり。英語字幕で観れる映画映画字幕で観れるドラマ。契約後は月額1,026円。)
  • NETFLIX(無料期間ではないが、アカウント登録などの面倒臭い手続きも全くなしに無料でネットフリックスをお試しできる番組がいくつかあり。同時に視聴可能な画面数や解像度の違いでベーシック、スタンダード、プレミアムの3つのプランから選べます。最新の料金表はこちらから。)
  • Amazonプライムビデオ (まだ本数は少なそうですが、待望の英語字幕サービスが始まりました!

ニュース

ニュースキャスターの英語は綺麗な発音とはいえ、実は英語のニュースをさらっと聞いて理解するのはとても難しいです。

普段から新聞記事にも目を通し、時事英語はもちろん、人名や会社名、法律用語などのボキャブラリーを増やしておくことがお勧めです。

リスニング力の練習には聞き流さない聞き流しをオススメするまとめ

聞き流しは工夫次第で、リスニング力アップの練習に使えます!

英語の音を拾える耳を育てる準備段階では発声練習とリスニングの練習のどちらも一度にできるだけでなく、自分の好きなことを教材として使うことでもっと身が入りますし、聴いていて楽しめるのが何よりのメリットです。

集中して聴いて、どんどん真似して正しい発音の練習に役立ててみてください。

ポイントは自分の興味のあるトピックやアーティストの曲を選ぶことだと思いますが、毎日同じ教材を使うのもよし、いろいろ試してみるのも良いでしょう。

ディクテーションやシャドウィングなどのような勉強的要素も少ないので続けやすいです。

英語の音が拾えるようになれば、音楽でもトークでもプレゼンテーションでも、耳を傾ければスルスル耳の中に入ってきますし頭に残ります。

ぜひ自分のレベルにあった聞き流しの活用法を見つけ、楽しみながらリスニング力アップに結びつけましょう!

 

-英語リスニングのコツ

© 2021 Listening 101