映画で英語リスニング

マネーショートを英語でリスニング Mike Burry vs. Banks

  1. HOME >
  2. 映画で英語リスニング >

マネーショートを英語でリスニング Mike Burry vs. Banks

マネー・ショート 華麗なる大逆転(原題:The Big Short)」(2015年)はもうご覧になりましたか?

アメリカ超大手の投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破綻を発端に瞬く間に世界中を金融危機が襲ったリーマン・ショック(2008年)の経営破綻の元凶となるアメリカの住宅バブル崩壊を予測し動いた一握りの投資家たちの姿を追う金融映画です。

そんな、見事にウォール・ストリートを出し抜いたと言われることの多いアウトローたちの中でも、さらに一歩先を進んでいたドクター・バリーことマイク・バリー(Dr. Michael James Burry)にスポットを当ててご紹介するシリーズです。

マイク・バリーってどんな人」の記事では、世の中が住宅マーケットのバブルで浮かれる中一人で「何かがおかしい!」と地道に検証したマイクバリーのその真面目さがみれるシーンをいくつか取り上げました。

マイクとローレンス」の記事では、マイク自身が運営するファンドの顧客でもありメンターでもあるローレンス・フィールズとのやりとりを取り上げました。

この記事ではやるべきことを見つけたマイクが銀行などの超大手金融機関を相手にバカにされつつも信念を貫く姿勢を取り上げます。

英語でリスニングをしながら字幕では味わえないニュアンスを感じましょう!

字幕なしで観てみたいけど「英語がハイレベルすぎる」と躊躇されている方には、「マネーショートの英語を字幕なしで聞き取るポイントはズバリ‼︎」もおすすめです。

   

マネーショートで英語リスニング バブル崩壊前に備えるマイクバリー

世の中はまだ住宅ローンバブルに浮かれているというのに、冷静にバブル崩壊を予見し、CDO(モーゲージ債)のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)というそれまで存在すらしなかった金融商品を自ら思いつき、投資銀行に交渉して作ってしまいました。

CDOやCDSなどの金融専門英語の解説は、こちらの記事で⇨「マネーショートの英語を字幕なしで聞き取るポイントはズバリ‼︎

I want to buy swaps on mortgage bonds.

↑この文言、マネーショートの中では「I want to short housing marktet」と並んで何度か聞かれるセリフです。

が、大抵これを言われた相手は「は??」となります。

まずはゴールドマンサックスに乗り込み「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」を直談判するマイクのシーンから。

@19:10

MIKE: I want to buy swaps on mortgage bonds. A credit default swap that will pay off if the underlying bond fails.

DEEB: You want to bet against the housing market?

LUCY: This is Wall Street, Dr. Burry. If you offer us free money, we are going to take it.

男性担当者が「は?」と聞き返す横で「ここはウォール街なんだから、ただでお金をくれるのならもらうわよ」というルーシー。

いえいえ、クレジット・デフォルト・スワップとは保険のようなものなのですから、保険料を払う代わりに、何かが起こった時には保険会社がその損害を補填してもらわなきゃ困りますよね。

住宅ローン市場は安全だと信じ切っているあまり、「お金が天から降り注いできた、いえぇーい」くらいにしか感じていないのかもしれません。 

I want to be certain of payment in case of solvency issues with your bank.

 

@19:48

MIKE:  My one concern is that when the bonds fail, I want to be certain of payment um, in case of solvency issues with your bank.

LUCY: I'm sorry, are you for real?

DEEB: You wanna bet against the housing market and you're worried we won't pay you?

MIKE: Yes, that's correct.

  • Are you for real? :「まじで?」「本気?」というニュアンスの使えるセンテンスです。意味的なとこところからも、カジュアルな場面で使われることのほうが断然多いです。
  • bet against: ~でないことに賭ける、~が負ける方に賭ける、~が勝たないということに掛ける。「against」があることに注目ですね。
  • worry: 心配させる、悩ます、心配するなどの意味を持つ日本人にもおなじみの英単語ですが、このシーンの「to be worried」といつもの「to worry」では意味に若干違いがあります。BBCLearning English.comの解説が分かりやすかったので参照させてもらうと、「to worry」は「基本ずっと(普遍的に)心配している」に対し「to be worried」は「特定の状況について今の時点で心配している」ということ。<例>母が母である限りずっと子のことが心配なのは「 I worry about you – I’m your mother.」。過激なダイエットで痩せすぎてしまった娘を心配している状況なら「I’m worried about you, you’re looking very thin.」。(参照BBCLearning English.com

「あなたたちがちゃんと払ってくれるのかが心配だ」と真顔で尋ねるマイクに 「Are you for real」と返すルーシー。

くり返しになりますが、起こるはずのない住宅バブルに保険をかけておきながら、万が一にも起こったとして超超超大手ゴールドマンサックスが払えないのではないかというマイクが正気とは思えなかったのでしょう。

Is that acceptable, Dr. Burry?

@20:40

DEEB: Dr. Burry, we could work out a pay-as-we-go structure that would pay out if the bonds fail. But it would also apply to your payments if the value of the mortgage bond goes up. You'd have to pay us monthly premiums.

LUCY: Is that acceptable, Dr. Burry?

MIKE: Yes. Yes. I have prospectuses on six mortgage-backed securities I want to short.

  • The Pay-As-You-Go (PAUG) CDS: 一般的には「pay-as-we-go」で使った分だけ支払う方式の、現金払いの、利用時払の、都度払いのなどの意味で使われます。が、このシーンであるようにPay-As-You-Go方式のCDSとなると保険金の支払いトリガーが起こった場合の決算決算(和解)方法の一つようです。

曖昧な説明↑になってしまいましたが、ここら辺は深い投資の知識がないと理解がが難しいというのが率直な感想です。以下、PAUGの解説リンクをご紹介します。

"the CDS for structured finance products in the beginning was very similar to the one for corporate CDS. A certain "credit event" triggers a payment from the protection seller to the protection buyer, at which point the contract would terminate.  In 2005, the pay-as-you-go (PAUG) template was introduced. The PAUG format involved ongoing settlements that closely mirror the cash flow of the reference bond.”(参照 NYU.edu資料)

"PAUG is a settlement methodology for CDS on ABS reference entities."(参照 Wikipedia

ちなみに字幕訳は…

「都度決済の仕組みにすれば暴落時に支払えます。逆に債券が上がった場合、毎月保険料を頂きます。」

でした。

ここはリスニング力の問題というよりは、金融知識のレベルで理解できるできないの差があるかもしれません。

Can we make it $100 million?

ゴールドマンサックスチームはマイクに500万ドルのCDSを提案してきました。が…

DEEB: Yeah. We're prepared to sell you $5 million in credit default swaps on these mortgage bonds.

MIKE: Can we make it $100 million?

DEEB: Uh, absolutely, we can make it $100 million.

LUCY: We'll be in touch, send some paperwork over.

住宅バブルの崩壊がすぐそこに見えるマイクには到底足りる金額ではありません。

その20倍の1億ドルのCDSを契約しました。

ゴールドマンサックスにしてみれば、起こるはずのない住宅バブル崩壊の保険料でがっぽり儲けられるのです。

マイクが去った後のゴールドマン担当者たちは笑いを抑えられません。

Is there any way to do $200 million?

次はドイツ銀行の会議室。

@22:19

MIKE: Is there any way to do $200 million?

DEUTSCHE MAN 1: I mean, we can. But are you sure?

DEUTSCHE MAN 2: Absolutely. Absolutely, we can do that.

ドイツ銀行ではゴールドマンサックスの2倍、2億ドルのCDSを契約しました。

マネーショートの映画の中では、ゴールドマンサックスやドイツ銀行だけではなく、そのほかロゴが写ったCountrywide Banking & Home LoansやBank of America、Bear Sternsなどと取引をしたようです。

We just sold $200 million in credit swaps for mortgage bonds.

危機感などまるでないドイツ銀行の若者は、マイクが買ってくれた2億ドルと言う超大型スワップにドンペリで祝盃をあげています。

@23:40

RANDLE: We just sold $200 million in credit swaps for mortgage bonds. Some fund manager from California. A whole new way to make money doe.

RANDLE's colleague: Wait, wait. I didn't know there were swaps on mortgages.

RANDLE: There are now. We made it for him. He must have gone off his Zoloft or something.

  • doe [doʊ]: 語尾に置いて「〜だけどね」という使い方をする「though」をストリート風にかなり砕いた「doe」や、「bro」や「homie」などのように相手に対する呼びかけの中でもかなり砕けた分類の一つの「doe」などがあります。ちなみにドレミの歌のドも「doe」ですが、これは「Doe, a deer, a female deer!」で、雌鹿というちゃんとした意味です。

https://www.youtube.com/watch?v=drnBMAEA3AM

何れにしても、この業界の人たちにとっても前代未聞の住宅マーケットの大型スワップの噂があっという間に広まります。

マネーショートで英語リスニング 住宅バブル崩壊とScion Value ②

FOX Business Newsの電光掲示板で「Mortgage delinquencies hit new high nearly 1 million ...」つまり住宅ローンの債務不履行が100万件近くまで達してしまったとのニュースが流れました。(@1:02:04)

それなのに、ゼロ価値の住宅ローンが組み込まれているはずの住宅ローン債権やCDOの格付けが下げられないどころか、今までと変わらず値上がりし続けているというのです。

一方で下がり続けるのがマイクの運営するサイオンキャピタルのバリュー。

-8.9%から-11.3%  (@1:07:14)に、-11.3%から-19.7% (@1:17:38)まで下がっていく様子が映し出されます。

 

I need to unload the AIG and Countrywide and Freddie Mac positions so that we can afford the premiums on the core mortgage shorts on the swaps.

@1:17:58

MIKE: I need to unload the AIG and Countrywide and Freddie Mac positions so that we can afford the premiums on the core mortgage shorts on the swaps.

価値は下がっても保険料は支払い続けなくてはなりません。

ゴールドマンサックスやドイツ銀行、バンクオブアメリカなどのように利益の大きいCDSの保険料を支払うため、アシスタントのルイスにAIGやカントリーワイド、フレディーマックなどを売るよう指示しました。

It's possible that we are in a completely fraudulent system.

@1:18:25

LEWIS: If the investors withdraw, what's going to happen here? Are we done?

MIKE: Honestly, I don't know. The bonds aren't going down. They won't move. It's possible that we are in a completely fraudulent system.

住宅ローンはどんどん債務不履行に陥り価値がなくなっているにもかかわらず、それらをまとめたCDOや住宅ローン債権の価値が下がらないことに「詐欺的なシステムの中にいる」ということで納得しようとしているのかもしれません。

 I guess when someone's wrong, they never know how.

@1:18:59

MIKE: Sure. It's possible I'm wrong. I just don't know how. I guess when someone's wrong, they never... they never know how.

あんなに検証をして自信満々だった住宅バブルの崩壊の予兆が始まっているはずなのに、まだそれが見えません。

「間違っているときはなぜ間違っているかわからない」というマイクです。

マネーショートで英語リスニング マイクバリーの巻き返し

@1:34:59 

サブプライムローンを手掛けるニューセンチュリーファイナンシャル (New Century Financial)が破産を申請したり株価指数が急落するなど、2007年4月2日に急展開を迎えます。 

I would call it improbable.

@1:36:27

MIKE: Goldman had a systems failure... Yeah, Bank of America said they had a power outage, and Morgan Stanley said their server crashed. 

LUCY: Huh. That's weird.

MIKE: Well, I would call it improbable.

  • improbable: ありそうな、起こりそうなという意味の「probable」の反意語で、ありえない、起こりそうにないという意味の形容詞です。この副詞形は日本人にもよく知られている「probably」とそこに「im」をつけた「improbably」です。

Where do you have our position marked?

MIKE: So where do you have our position marked? 

LUCY: I think it's the same,

日本語ではあまり見られない表現方法かなと思うのでご紹介します。

字幕では「現在の僕のCDSの価値は?」となっているマイクのこのセリフ。

これを英語に変換する際に「Where do you have...?」は日本人的思考ではなかなか思いつかないのではないでしょうか。

「Where do you have our position marked?」が唯一の正解ではありませんが、「あなた」を主語にして「自分」の立ち位置を尋ねるという日本語にはあまり見られる表現ではないので、覚えておきたいですね。

How can the value of an insurance contract not be affected by the demise of the very thing it insures?

@1:36:51

MIKE: Can you explain that to me, please, because how can the value of an insurance contract not be affected by the demise of the very thing it insures?

LUCY: They're independent markets. They're not always correlated. I know it sounds odd, but these are very complicated products.

MIKE: They are correlated. They're gonna lose their houses, they're gonna lose their jobs, they're gonna lose their...    

  • demise [dɪˈmaɪz]: 人間の死去、企業などの消滅や停止という意味で使われます。住宅ローンが
  • very: 日本人にも「とても」で超おなじみの副詞「very」ですが、「まさしくその」「ちょうどその」という意味の形容詞バージョンもよくつかわれます。

債務不履行に陥った住宅ローンがこんなに急増して住宅ローン市場が死んでいるのにCDSに影響しないはずはないというマイクの主張に、それぞれが独立した市場だから相関していないと返すゴールドマンサックスのルーシーです。

そんなルーシーでも「I know it sounds odd, but these are very complicated products.」というくらいですから、なんかおかしいというのはうすうす感じてはいたのでしょう。

You're free to mark my swaps accurately for once because it's now in your interest to do so.

この何気ないゴールドマンサックス担当者ディーブとマイクとの電話での会話ですが、実はたくさんの金融英単語が含まれているのでご紹介します。

@1:40:45

DEEB: Deeb Winston, Goldman Sachs. Listen, I've been reviewing your position. I wanted to discuss your marks and make sure they're fair. 

MIKE: Yeah, I think you mean that you've secured a net short position yourselves. So you're free to mark my swaps accurately for once because it's now in your interest to do so. 

DEEB: I'm not sure what you want me to say. 

MIKE: I think that you've already said it. 

  • position: 金融用語では投資家の「持ち高」という意味で使われます。持ち高とは、どのような「売り建て・売り越し・売り持ち」または「買い建て・買い越し・買い持ち」を行っているかを表します。
    • short position: ショートポジション、売り持ち、売りポジション。将来的に買い戻して決済する。
    • long position: ロングポジション、買い持ち、買いポジション。将来的に売り戻して決済する。
  • net position: ショートポジションとロングポジションの差のこと
  • short: 売ること。売りポジションを保有すること⇒市場価値が下がって売れれば利益が生じる。
    • net short: 買いよりも売りの方が多い売り越し状態。
  • long: 買うこと。買いポジションを保有すること⇒市場価値が上がって売れれば利益が生じる。
    • net long: 売りよりも買いの方が多い買い越し状態。
  • marks: 人や業績の評価、格付け
  • secure a position: 立場を確保する。

ゴールドマンで契約しているマイクのCDSの価値について相談したいというディーブに、あなた方自身も売り越しの立場が確保できたしやっと僕のCDSの本当の価値を提示してくれる気になった? と返すマイク。

ただ私のように金融の仕組みをきちんと理解できていないといまいち腑に落ちない感覚が残ります。(しませんか??)

Let's start to sell my position.

@1:47:37

MIKE: It's Dr. Burry. Looks like the collapse of the financial sector is imminent. Let's start to sell my position. It's $1.3 billion. Sure, I'll hold.    

マネーショートで英語リスニング 住宅バブル崩壊とScion Value ②

@1:54:00

リーマン・ブラザーズの株価がゼロをつけたというショッキングなニュースがテレビで伝えられ、ここら辺から「いわゆるリーマン・ショック」の状況を伝えるシーンが散りばめられます。

犬の名前で住宅ローンを借りていた大家がローン滞納で物件が差し押られたのでしょうか、家賃を払っていた借主家族が追い出され車中で途方に暮れるシーンもあります。

アメリカに移住したばかりの貧しい移民達をターゲットに変動金利の住宅ローンを組ませるぼろ儲け話を豪語していた住宅販売業者の男二人が「Welcome to the 2008 Miami-Dade Job Expo」と掲げられた就職エキスポに参加しているシーンもあります。

そんななかでサイオンキャピタルの運用益はなんと+489%利益総額26億9千万ドル (TOTAL PROFIT $2.69 Billion)を達成しました。

ほぼ5倍なわけですが、わずか数年でここまでこれたのはやはりマイクの観察力と忍耐力のおかげですね。お見事です。

マネーショートで聞き取るマイクバリーのまとめ

いかがでしたでしょうか。

誰もが安全だと思っていた住宅ローン市場の崩壊を誰よりも先に察知する観察力、前代未聞のCDOのCDSを大手投資銀行に作らせる実行力、そんな銀行にだって呆れられながらも諦めない忍耐力を持ったマイクだったから成し遂げることができたのかもしれません。

それにしても見事です。

ぜひ原作となったMichael Lewis作のも読んでみたくなりました。

アマゾン Audibleもありました!3400円なのでまよいますが。。。

 

字幕なしで観てみたいけど「英語がハイレベルすぎる」と躊躇されている方には、「マネーショートの英語を字幕なしで聞き取るポイントはズバリ‼︎」もおすすめです。

実は人づきあいが苦手だったというマイク。「マイク・バリーってどんな人」もどうぞ。

医者の卵だったマイクを投資の世界にスカウトしてくれた自称マイクのメンターローレンス・フィールズとの関係性を英語で聞き取るなら「マネーショート を英語リスニング マイクとローレンス」どうぞ。

 

 

-映画で英語リスニング

© 2021 Listening 101