映画で英語リスニング

映画で英語のリスニング「マイ・インターン」予告編

  1. HOME >
  2. 映画で英語リスニング >

映画で英語のリスニング「マイ・インターン」予告編

リスニング力を上げるには多聴がおすすめです!

興味のある分野の英語のニュースはもちろん好きなアーティストの曲など、多聴の教材にできそうなアイデアはたくさんありますが、映画やドラマがお好きなかたなら海外映画(ドラマ)はいかがでしょうか。

その映画の面白い場面が数分に凝縮されている予告編は、集中して観ることができます。

聴きたいリスニング素材が見つかったら、まずは字幕やスクリプトなしでじっくり何回も英語を聴いてみましょう。

まずは意味を理解することではなく、聞き取ることに注力します。

もうこれ以上聴いても聞き取れる単語は増えない!というところまできたら字幕やスクリプトを確認します。

そして最後におさらいで字幕やスクリプトなしで聴き直します。

 

なお、「英語リスニングのコツは段取り八分仕事二分」でも詳しくご紹介している通り、いろんなジャンルの中でも聞き取りやすさ内容の理解のし易さで言えば恋愛ものやファミリー向け映画がおすすめですよ。

 

この記事でご紹介するのは2015年に日本でも公開になった「マイ・インターン」の予告編2本です。

典型的なNYアクセントで知られるチャキチャキニューヨーカーのロバートデニーロが、この映画ではなんと、少しお上品な70歳の紳士を演じています。

いつものデニーロ節はいつ出てくるんだろう?と思った方…

残念ですが、出てきませんでした。

たまに小さな冗談を言う程度の、終始穏やかで物分かりの良い紳士でした(笑)

映画全編を通して比較的わかりやすい英語が使われているのでリスニング及び多聴初級者の方におすすめです。

またデニーロは好きだけど、彼の英語が難しいと感じられていた方にもおすすめできます。

★☆★「マイ・インターン」(原題:The Intern)の簡単なあらすじ★☆★

数年前に長年連れ添った妻を失くしてし時間を持て余していた70歳のベン(Robart de Niro)は、ジュールス(Anne Hathaway)が数年前に立ち上げ大成功するネット通販会社でジュール直属のシニアインターンになります。

ところが、関係がうまくいっていない自分の母親と同年代のベンが直属インターンになることはジュールスの本望ではありませんでした。

できるならベンとあまり関わりたくないとすら思っていたジュールスですが、いつの間にかベンという新人シニアインターンを40歳も年の離れたベストフレンドと認め、またその彼のおかげで人生の危機を乗り越えます。

ちなみに映画配給会社によるキャッチフレーズは「全てを手に入れたはずの彼女に訪れた試練。そこにやってきたのは、70歳の新人だった…。」です。

本編はこちらで…

プライム会員なら無料で観れます!(2021年現在)

こんな記事もあります

映画で英語のリスニング「マイ・インターン」予告編1

Interviewer: OK, Benjamin.  I'm gonna ask you one of our more telling questions for all of our interns, so I want you to, like, this is the one to really think about.  OK?  Where do you see yourself in ten years?

Ben: When I am 80...?

*telling question: 回答者自身についてや考えなどを伝えることが目的の質問のこと

*Where do you see yourself in ten years?: 就職面接のよくある質問の一つですね。

Cameron: Remember a few weeks ago, we talked about the senior intern program?

Jules: Seniors in high school, or college?

Cameron: no, no, no, no.  Seniors in life.

Jules: Hold on.  What?

ハイスクールやカレッジのシニアは最高学年という意味で使われます。

Lewis: That's our founder and CEO, Jules Ostin.

Ben: Any tips before I go in?

Becky: Blink.

Ben: Blink?

Becky: She hates when people don't blink. It weirds her out.

Ben: Hi, Jules?  I'm Ben, your new intern.

Jules: I'm glad you also see the humor in this.

Ben: Be hard not to.

Jules: I will email you when I have something for you to do.

Ben: I'll wait to hear from you, sir.  I'm terribly sorry.  Excuse me.

*Do you have any tips for me before I go in the office?のような文を省略した文です。

*It would be hard not to see the humor in this.の省略で、シニアインターン制度を軽く皮肉っているジュールスに笑顔で同調する大人の対応なベンです。

Matt (Jules' husband): So, are you Jules' new driver?

Ben: No, actually I am her intern.

Paige (Jules' daughter): That's hysterical.

*That's hysterical!! あまり小さい子供が使う言い回しではありませんが「面白い!」と言う意味で日常会話ではよく使われます。

Jules: My intern sure keeps busy.

Cameron: Mr. Congeniality.  Everybody loves him.

Ben: You should dress to impress.  Tuck in the shirt.  Why doesn’t anybody tuck anything in anymore.  I am asking you.

*男性ならMr. Congeniality、女性ならMs Congenialityで「人気者」と言う意味で使われます。

Fiona:  Hi, I am Fiona, the house masseuse.  How's that, Ben?

Ben: oh, boy...

Lewis: Here you go.

Davis: You are not as old as I thought you were.

*[mæsˈɜːz]マスースと発音します。

Jules: So are you on Facebook, hun?

Ben: I joined it about ten minutes ago.  Oh, better late than never.

Jules: Alright these all questions for your profile you can answer if you want to, like, people who inspired you...

Ben: Jules Osten.  You do inspire, Jules.

*Better late than never.は少し時間はかかってしまったけれど、しないよりはマシ!と言う意味でよく使われるので覚えておきましょう。

Cameron: Our investors just think that a seasoned CEO could take some things off your plate.

Jules: I mean, get me CEO lessons.

*seasonedでベテランの、経験豊富なと言う意味。

*to have a lot on one's plateでお皿の上がいっぱい、つまりとても忙しいと言う意味。to take some things off you plateであなたのお皿の上から何か取り去る、つまり責任の一部などを譲ると言う意味になります。

Ben: I never had anything like this in my life.  This big beautiful exciting thing you created.

Ben: Remember who did that.

Jules: Who?

 

Jules: It's moments like this you need someone you know you can count on.  Because you are my...

Ben: Intern.

Jules: well, I was gonna say intern slash best friend.

*You need someone whom you know that you can count onを少し省略していますが、信頼できる誰かが必要な時ってこんな時という意味。

Jules: Look and learn, boys, because this is what cool is.

Jules: How in one generation have men gone from guys like Jack Nicholson and Harrison Ford to...

Ben: Oh, boy.

*映画の本編では「How in one generation have men gone from guys like Jack Nicholson and Harrison Ford to... take Ben, here.  A dying breed.  You know?  Look and learn boys.  Because if you ask me, this is what cool is.」ですが、予告編では少し省略されています。たったの1世代でジャック・ニコラソン、ハリソン・フォードや、、、例えばここにいるベン(take Ben for example)のような男性たちがいなくなってしまったの?絶滅危惧種よ。わかる?のようになります。

映画で英語のリスニング「マイ・インターン」予告編2

Ben: Retirement is an ongoing, relentless effort in creativity.  Tried yoga, learned to cook, bought some plants, took classes in Mandarin.  Believe me, I've tried everything.  I just know there is a hole in my life, and I need to fill it.  Soon.

Ben: I'm Ben Whittaker.  I have an appointment with Ms Ostin.

Becky: I thought she was meeting with her new intern.

Ben: That's me.

Becky: How old are you?

Ben: 70. you?

Becky: I'm 24. I know, I look older.  It's the job.  It ages you.  Which won't be great in your case.  Sorry.

*アポイントの受付で使う決まり文句なので覚えておきましょう。例:「I have an appointment with Mr Smith at 10. 」 の順番を入れ替えて「I have a 10 o'clock appointment with Mr Smith.」もありです。

Ben: Hi, Jules?  I'm Ben, your new intern.

Jules: I'm glad you also see the humor in this.

Ben: Be hard not to.

Jules:  Don't feel like you have to dress up.

Ben: I'm comfortable in a suit, if it's ok.

Jules: Old-school.

Ben: At least I'll stand out.

Jules: I don't think you need a suit to do that.

Ben: Want the door open or closed?

Jules: Dosen't matter.  Open, actually?  You'll get used to me.

Ben: Look forward to it.

*アメリカ人はold schoolが大好きなのでぜひ覚えておいてください!古臭い、ダサいというネガティブな意味にも使われることもありますが、古いけど格好いい!という褒め言葉に使われることの方が多いです。

Jules: My intern sure keeps busy.

Cameron: Mr. Congeniality.  Everybody loves him.

*男性ならMr. Congeniality、女性ならMs Congenialityで「人気者」と言う意味で使われます。

Lewis (colleague): Here she comes.  Hey, Beck.  What's up?  You look really nice and...  How long can a woman be mad at you for?

Ben: I assume you talked to her, apologized...

Lewis: I emailed her.  Subject line I wrote, I'm sorry with like a ton of o's.  So it was like, "I'm sooooooorry" with a sad emoticon where he's crying.

*What's upはかなりカジュアルな挨拶ですが、職場でも普通に飛び交います。最近どう?という意味で投げかけられる場合は「Nothing much.」「Same o'l same o'l.」「Hey, men. (男性が使う方が多い)」「Same as usual.」などの当たり障りのない答えでも大丈夫ですが、職場で(特に上司などから)使われた場合は左記の返しよりも仕事の進行具合などを報告する方が自然です。

Cameron: Our investors just think that a seasoned CEO could take some things off your plate.

Jules: I did not see that coming.

*seasonedでベテランの、経験豊富なと言う意味。
*to have a lot on one's plateでお皿の上がいっぱい、つまりとても忙しいと言う意味。to take some things off you plateであなたのお皿の上から何か取り去る、つまり責任の一部などを譲ると言う意味になります。

Ben: She is just trying to do right by everybody, the company, the family...  Pressure is unbelievable.

Ben: You started this business all by yourself a year and a half ago and now you have staff of 220 people.  Remember who did that.

*to do right by (人)で(人)によくする、公平に扱うという意味。

Ben: Good times.

Jules: The truth is to me about you make me feel calm, more centered or something.  I can use that obviously.

Jules: How in one generation have men gone from guys like Jack Nicholson and Harrison Ford to...

Ben: Oh, boy.

*「I can use」は物が使えるという意味だけではなく「I can use your advice...」「I can use a cup of tea.」「I can use your help...」など、〇〇が欲しい、嬉しい、ありがたいなどのように使えます。

Fiona: I am Fiona, the house masseuse.

Fiona:  Well, there's another oldie but goodie here.  How is that, Ben?

Ben: Oh, boy.

Davis: You are not as old as I though you were.

映画で英語のリスニング「マイ・インターン」自己紹介ビデオ

So here I am, applying to be one of your interns because the more I think about this idea, the more tremendous I think it is.

I love the idea of having a place I can go every day.

I want the connection, the excitement.

I wanna be challenged, and I guess I might even wanna be needed.

The tech stuff might take a bit to figure out.

I had to call my 9-year-old grandson just to find out what a USB connector was.

But I’ll get there.

Eager to learn.

Also, I want you to know I’ve been a company man all my life.

I’m loyal, I’m trustworthy, and I’m good in a crisis.

And I love that you are right here in Brooklyn.

I’ve lived here all my life, and lately I feel I may not be hip enough to live in Brooklyn, so this could help with that, too.

I read once, musicians don’t retire.

They stop when there is no more music in them.

Well, I still have music in me, absolutely positive about that.

*「I’ve lived here all my life, and lately I feel I may not be hip enough to live in Brooklyn, so this could help with that, too.」ブルックリンにずっと住んでいるけれど、ブルックリンに住めるほどイカしてないような気がしています。なので、ブルックリンに拠点を置く若者に人気のネット通販会社(ZOZOTOWNみたいな感じ?)で働けるなら、もう少しおしゃれになれるかも、、、というような意味(冗談)になります。

映画「マイ・インターン」で英語のリスニングまとめ

いかがでしたでしょうか。

たった数分の予告編でも文字にすると結構な量になってしまいましたが、聞き取れましたか?

日本でもそうかもしれませんが、若者の方が若干話すスピードが早い感じがしますね。

初期の聞き取りの練習では意味が完璧にわかる必要はありません。

とにかく音が聞き取れるようになるまで、繰り返し聴いてみましょう。

なお、当ブログ運営者本人が最新の注意を払ってスクリプトを作成していますが、完璧ではないかもしれません。

お気付きの点などがありましたらご一報頂けますとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

-映画で英語リスニング

© 2021 Listening 101