映画で英語リスニング

映画で英語のリスニング「リストラ・マン」予告編

  1. HOME >
  2. 映画で英語リスニング >

映画で英語のリスニング「リストラ・マン」予告編

この記事でご紹介するのは、1999年の映画「リストラ・マン (原題:Office Space)」の予告編です。

どこにでもあるようなソフトウェア会社のオフィスとその近所が物語の舞台で、最近のハリウッド映画では当たり前になってしまった罵る汚い言葉もほとんどなく、普通の日常ビジネス英語が聴けるリスニングの練習にもってこいの映画です。

まずは字幕(この記事の本文に完全スクリプトもあります)なしで何度か聴いてみてください。

もうこれ以上ムリだ!というところまできたら下のスクリプトで英語を確認し、最終的にスクリプトなくても聴き取れるように感じるまであり/なしを何度か繰り返しましょう。

もともと映画本編を観たくさせるのが予告編ですから、結果的には映画全部を見る羽目になってしまうかも知れませんが…(笑)

YouTubeをはじめアマゾンプライムビデオやHulu、Netflixなど、自宅を一歩も出なくても世界中の映画が観れる時代にこれらを利用しない手はありません!

★☆★「リストラマン」(原題:Office Space)の簡単なあらすじ★☆★

ピーターが勤める大手ソフトウェア会社INITECHではコンサルを雇いリストラの準備が始まります。

1999年といえば世の中はY2K(2000年問題)で持ちきりでしたね!

もともとはピーターも毎日の交通渋滞や上司の嫌味も我慢しながら、プログラマーとしてひたすら西暦を2桁から4桁に修正する仕事もまじめにこなす普通の仕事人でした。

が、そんなピーターもそのうちストレスで眠れなくなってしまい、ある日心配する彼女に催眠療法に連れて行かれます。

催眠療法の施術中にドクターが急逝し催眠術が解けなくなってしまったところから、すっかりストレスフリーな性格に変わってしまうピーター。

催眠術にかかったままのピーターがリストラ面談を受けるシーンでは、自由気ままな働き方をしていることを悪びれる素振りもなくあっけらかんとコンサルタントに披露します。

一見やる気がないと思われても仕方のないピーターの勤務態度ですが、リストラコンサルタントには「大物だ」と買われ、昇進の話まで。

一方、ピーターと仲が良いもう少しまじめな同僚二人はリストラの対象に。

仲良し三人組はコンピューターウイルスを使って憎き会社から少しずつお金を盗む作戦を実行しますが失敗し、一挙に30万ドルを自分の口座に送金してしまい焦るピーター。

結局はイヤミなボス(ランバーグ)を一番嫌っていたオフィスのはみ出し者(ミルトン)が会社に火をつけたことで送金事件はなかったことになり(映画ですから〜)、ピーターは大嫌いだった職場の焼跡を片付けるコンストラクションの仕事で汗を流してスッキリという話。

ちなみにポスターに使われているメガネに赤いネクタイの男性がミルトンです。

ただ会社に行くだけの毎日を送る人生に情熱を失ってしまった、まだてっぺんにたどり着いていない(⁈)、このままてっぺんにたどり着けそうにない(⁈)普通のサラリーマンならなんとなく共感できる点が見つかる話なのではないでしょうか。

日本人に比べると無駄な我慢をしたがらないアメリカ人でも「上司や会社にこんなこと言ってみたい!」という妄想が掻き立てられる映画なのだと思われます。

20年以上も前の映画ですが、アメリカ人の間では今でも会話に出てくるド定番なので、これからアメリカ人と一緒に仕事をする機会がある人は一度観て観ておいても損はしないでしょう。

映画で英語のリスニング「リストラ・マン 」予告編/ Official Trailer 1

https://www.youtube.com/watch?v=3_fG_zLbBeU

Narrator: From Mike Judge, creator of Beavis and Butt-Head and co-creator of King of the Hill comes to a movie about the people who go to work, who are part of a team...

Bill Lumbergh (Boss): Oh, and remember, next Friday is Hawaiian shirt day.

Milton: OK, I, I, I'll set the building on fire.

*90年代にMTVで放送された若者の間で大ヒットとしたアニメ「Beavis and Butt-Head」や王道「King of the Hill」を手がけたマイク・ジャッジの作品。

*アメリカでは「Theme Day」といって、イベント好きな人たちの先導であらかじめ決められたテーマの服装で出勤する日があります。楽しい、雰囲気が良くなる、会話のねた、やる気アップ、チームワークの向上などが狙いと思われます。

*「set 〜 on fire」で「〜に火をつける」という意味になります。

Narrator: Who respect their boss...

Restaurant Manager: We need to talk about your flair.

Joanna: Well, I have fifteen, fifteen pieces on.

Restaurant Manager: Fifteen is the minimum.  Brian, for example, has thirty seven pieces of flairs today... and a terrific smile.

*「terrific」は「素晴らしい」という意味ですが、美味しい、面白い、美しいなどなど、いろんなシチュエーションで使える単語なのでぜひ覚えておきましょう。

Narrator: And need to escape.

Peter: I don't like my job.  And I don't think I'm gonna go any more.

Samir: One of these days I, I, I, I just kick this piece of...!!!

Peter: I am thinking now it might be more fun to just get fired.  And I've always wondered what that would take.

Lumbergh: Oh, here... Listen...

Bobs: It looks like you've been missing quite a bit of work lately.

Peter: Well, I wouldn't say I've been missing it, Bob.

Bobs: Aren't you just a straight shooter with upper management written all over?  We're gonna be getting rid of these people here.

Bobs: Mr. Samir.

Samir: I get Nagheenanajar.  Nagheenanajar.

Bobs: Not gonna work here anymore anyway.

*「get fired」で「クビになる」という意味になります。

*「I've always wondered what that would take...」は「I've always wondered what I would have to do...?」と同じ意味になります。

*「straight shooter」は歯に衣着せぬ、率直な、直球勝負的な人のことを言います。

*「written all over」は直訳すると「〜と全体に書いてある」となりますが、「はっきりわかる」「間違いない」という意味で使われます。「It's written all over your face.」で「顔に書いてある」「ばれてるよ」となります。

*「Nagheenanajar」はSamirのラストネーム

Michael: You haven't even shown up and you get to keep your job.

Peter: Actually, I'm being promoted.

Lumbergh: Thank you, Bob.

Samir: This is a ... a suck.

Peter: They're gonna thrown you out on the street.  So that Bill Lumbergh's stock will go up.  Oh, it's completely unfair.  Intech deserves to go down.  We're just the guys to do it.  Tell me about that virus you were always talking about, the one that could rip off the company for a bunch of money.

Samir: I'm not going to do anything illegal.

Peter: Illegal?  Samir, this is America.  The worst thing they're gonna do is they put you in a white collar minimum security resort for a couple of months.  Do you know they have conjugal visits there?

*「am being promoted」で「今プロモートされている最中なんだ」となります。

  • 「be being 分詞」で「今、ちょうどされているところ、最中」→ 例:店員さんAにすでに手伝ってもらっているところに、それを知らない店員さん2に声をかけられた場合は「I'm being helped.  Thank you.」と伝えます。
  • 「be being 形容詞」で「一時的に(=今だけ)〜だ」→ 例:「I'm being lazy...」で「今はちょっとやる気が出ないんだよね」

*アメリカでは一部の州の刑務所で現在でも「conjugal visits」といって「夫婦面会」が認められているようです。

Drew: I might be showing her my "O" face.  Oh, Oh...!!

Samir: They let you have sex with woman?

Peter: They sure do.

Samir: Okay, I'll do it.

Narrator: Office Space.

Tom: I know how you're getting pretty depressed about your job and everything and so I just want to tell you, good things can happen in this world...  I mean look at me.

BGM: Funk Soul Brother, Fatboy Slim (1998)

*「I might be showing her my "O" face.  Oh, Oh...!!」といきなり言われても「なんのこっちゃ?」ですが、映画本編では「I am thinking about taking that new chick from Logistics.  If things go right...」なので、つまりは単なる下ネタです。また、本編ではSamirの次のセリフとは全く関係ありません。

映画で英語のリスニング「リストラ・マン 」のリストラ面談シーン

Michael: Hope you have a better story for Lumbergh.  You know you're supposed to be having an interview right now with the consultants.

Peter: The who?

Michael: The consultants.  What has gotten into you?

Peter: Oh, yeah...  Right.

Michael: Wait, Peter, Peter.  You gotta postpone it, man.  Tell 'em you've been sick.  Make something up.

Peter: Oh, no way.  No, I feel great.  It's the best day of my life.

*「be supposed to 」で「〜をするはず」という意味でよく使われるので覚えておきましょう。「I am not supposed to be eating sweets.」のように「本当は〜してはいけないんだけど」という使い方もできます。

*「What has gotten into you」や「What got into you?」のようにして「一体あなたに何が起こっちゃったの?」なんだかいつもと違うけど「どうしたの?」という時に使えます。

Bob Slydell: Next batter looks like a Peter Gibbons.  There you are.  We were just talking about you.  You must be Peter Gibbons.  Terrific.

Bob Slydell: I'm Bob Slydell.  This is my associate Bob Porter.

Peter: Oh, hi, Bob.  Bob.

Bob Slydell: Why don't you go ahead and grab a seat and join us for a minute or two.  You see, what we're actually trying to do here... is we're trying to get a feel for how people spend their day at work.  So if you would, would you walk us through a typical day for you?

Peter: Yeah.

Bob Slydell: Great.

Peter: Well, I generally come in at least fifteen minutes late.  I use the side door.  That way Lumbergh can't see me.  And after that, I just sort of space out for about an hour.

Bob Slydell: Space out?

Peter: Yeah.  I just stare at my desk.  But it looks like I'm working.  I do that for probably another hour after lunch, too. I'd say in a given week...  I probably only do about fifteen minutes of real, actual work.

Bob Slydell: Peter, would you be a good sport and indulge us and just tell us a little more?

Peter: Oh, yeah.  Let me tell you something about T.P.S. Reports.  The thing is, Bob, it's not that I'm lazy.  It's that I just don't care.

Bob Slydell: Don't care?

Peter: It's a problem of motivation, all right?  Now, if I work my ass off and Initech ships a few extra units I don't see another dime.  So where's the motivation?  And here's something else, Bob.  I have 8 different bosses right now.

Bob Slydell: I beg your pardon?

Peter: Eight bosses.

Bobs: Eight?

Peter: Eight, Bob.  So that means that when I make a mistake...  I have eight different people
coming by to tell me about it.  That's my only real motivation, not to be hassled.  That and the fear of losing my job.  But you know, Bob...  that'll only make someone work just hard enough not to get fired.

Bob Slydell: Would you bear with me for just a second, please?

Peter: Okay.

Bob Slydell: What if, and believe me...  this is strictly hypothetical, but what if you were offered some kind of a stock option... equity-sharing program?  Would that do anything for you?

Peter: I don't know.  I guess.  Listen, I'm gonna go.  It's been really nice talking to both of you guys.

Bobs: Yes.  Absolutely.

Bob Slydell: The pleasure's all on this side of the table, trust me.

Peter: Good luck with your layoffs.  I hope your firings go really well.

Bobs: Okay.  Thanks a lot.  wow.

*「terrific」は「素晴らしい」という意味ですが、美味しい、面白い、美しいなどなど、いろんなシチュエーションで使える単語なのでぜひ覚えておきましょう。

*「get a feel for」で「感触をつかむ」

*「walk through」で「一通り説明する」

*「sort of」は「kind of」と同じように「そんな感じ」のような曖昧な表現に使えます。口語では「sorta」でソーダ、「kinda」でカインダと発音します。

*「space out」は「ポケーっとする」というような意味で使われます。

*「good sport」は「スポーツマンシップがある人」という意味もありますが、「うまくいかなくても冷静でいられる人」つまり「どんな状況でもいい人」という意味でも使われます。また「Be a sport.」や「Be a good sport」で「いい人になってくれ」つまり「お願いなんだけど」「お願いだから」という若干強引にも聞こえるカジュアルなお願いになります。

*「bear with me」を直訳すると「私に我慢して、私に耐えてください」ということですが実際には「少しお待ちください」の意味としてよく聞くので覚えておきましょう!電話でカスタマーサービスに照会中にあなたの情報をパパッとコンピューターで調べている時に「Please bear with me for a moment...」と言われたりします。

*「The pleasure is mine...」を直訳すると「その喜びは私のものです」でつまりピーターの「Nice talking to you guys.」に対して「The pleasure's all on this side of the table...」で「こちら側こそお話しできて嬉しいです」という意味になります。

映画「リストラ・マン 」で英語のリスニングのまとめ

いかがでしたでしょうか。

私もオフィスで働くしがない会社員の一人として、「あぁ、こんなこと言えたらいいよねぇ〜」と思いながら観てしまいました。

英語もクセのない日常英語ばかりで、聞き取り練習の初期の方でも比較的マスターしやすいと思います。

予告版のバックグラウンドで流れている「Check it out now!  Funk Soul Brothers!!  Right about now!!!! Funk Soul Brothers!!!!!」も軽快で、ついつい口ずさみたくなるはずです♪

なお、当ブログ運営者本人が最新の注意を払ってスクリプトを作成していますが、完璧ではないかもしれません。

お気付きの点などがありましたらご一報頂けますとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Mike Judgeの代表作:

ビーブス・アンド・バットヘッド」は90年代にMTVで放送された一世を風靡したアニメですが、はっきり言ってとても下品なのでかなり好みが別れると思われます。当時も若者(特に男子)には大人気でしたが、保護者グループからの反対運動もありました。

キング・オブ・ザ・ヒル」はなんと13シーズン(13年)にもわたりテレビ放映された人気番組で、アメリカではよく知られるアニメです。南部訛りを聴いておきたい方に特におすすめです。

-映画で英語リスニング

© 2021 Listening 101