英語リスニングのコツ

英語リスニングに知っておきたい発音記号のこと

  1. HOME >
  2. 英語リスニングのコツ >

英語リスニングに知っておきたい発音記号のこと

英語のリスニングと発音記号って、方向性が全然違う感じがしますよね。

発音記号は英語を話すときに知っておけばいいじゃん、と思いませんか。

そもそも英語の発音記号はどのようにリスニング力と関係しているのでしょうか。

この記事では発音記号を覚える前に知っておいて欲しい心構えをご紹介します。

英語のリスニングに発音記号を味方につけよう

私たち日本人にとって英語のリスニングとはとてもハードルが高いものです。

英語には日本語に馴染みのない音がたくさん使われているため、英語の音を知らないうちは聞いても聞いても耳の中に入ってきてくれる気配すらありません。

単語の意味がわかるわからないの前に、音として何と言っているのかも聞き取れなくて悩んでいる人もとても多いです。

ところがそんなただの雑音のような音も、自分で正しく英語の音を発音できるようになると認識できる音としてすんなり耳から入ってくるようになります。(単語や文章の意味の理解はその次の段階「英語リスニング力をあげるコツは段取り八分仕事二分」をご参照ください。)

つまり発音記号を上手に使いこなせるようにすることは、英語のリスニング力をアップするのにとても効果的なんです。

発音記号は苦手だなと思う方も多いかもしれません。

でも私たちのように英語を自然に拾いとってくれる耳を持たずに育った人間にとって英語の発音記号とは、

正しい発音の答えを示してくれるカンニングペーパーのようなもの

私たちの強い味方です。

日本語で言えば、難しい漢字にふってある読みがなみたいなものでしょうか。

読みがながあれば、間違って読んで恥をかいてしまうこともありません。

とはいえ、英語の発音記号を見て記号どおりにすんなり発音ができるんなら、英語で苦労しないですよね!

なぜなら私たちにとって、

発音記号の音を正しく発音するのはもちろん、聞き分けるのだってそんなに簡単なことではありません。

「アのクチでエ」とか「喉の奥の方で」とか、わかるようなわからないような…

最初は音声だけで聞いて練習するよりも、動画で口の動きを見ながら真似する練習がおすすめです。

見て聴くことによる「こう言う口や舌の使い方でこういう音になるんだ!」という気づきが

英語の発音記号マスターまでの道のりをグッと早めてくれますし、

必ずリスニング力アップに結びつきます。

英語のリスニング力アップに向け、発音記号を上手に使いこなせるようになりましょう!

英語の発音記号は必ずしも一通りと限らない

英語発音のカンニングペーパーのような発音記号ですが、唯一絶対の完璧なものではありません。

一部の漢字熟語にも複数の読み方があるように、英語の発音も必ずしも一通りとは限らないのです。

辞書を眺めていると、1つの単語に複数の発音記号が記載されてものも多数あります。

アメリカ英語とイギリス英語と…?

辞書に載っている複数の発音記号の正体はアメリカ英語とイギリス英語である場合がほとんどです。

ところが現実問題、この世界で話されている英語の発音はその二通りだけではありません。

アメリカ英語やイギリス英語の中にも地域で異なるアクセント(訛り)がいくつもあります。

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど英語を母国語として使っている国が他にもありますし、

それらの英語母国語の国の加えて、

ジャマイカやバハマなどのカリブ諸国、

ナイジェリアやケニアなどのアフリカ諸国、

アイルランド、インド、フィリピン、

シンガポール、スリランカ、マレーシアなどなど、

自分たちがもともと持っている言語の他に英語を公用語として使用している国が数え切れないほどたくさんあります。

これらの国々に旅行された方や仕事の取引相手としてやりとりしたことがある方はご存知な方も多いと思いますが、

同じ英語でもかなり違います。

時には英語に聞こえないこともあるくらい。

それなので、辞書に載っている発音記号だけが絶対の正解ではないということも心に留めておいてください。

ゴールは英語を聞き取れる耳を育てること

いろいろな国の人たちがそれぞれ独特な英語の発音で話したらどうなるのでしょうか。

日本のいろんな方言の人同士で話をするときと同じように、時に引っかかることはあってもお互いにコミュニケーションは取れます。

自分の知っている単語に聞こえなくても、音が拾えればなんとなく意味する単語を想像できますし、そうでなくても尋ねて確認する事もできます。

つまり辞書に載っている発音記号を完全正確に覚えないと今後一生英語が聞き取れない!ということではないということ。

発音には細かい違いがあることを理解したうえで、それを意識して発音できていれば十分なのです。

十分に英語の音を拾える耳を作ることはできます。

国別の発音の違いは動画で見るとわかりやすくて面白い(Accent Tag)

<①24のアクセントを真似できる男性のすごい動画>

6分7秒あたりに日本人の真似もありますが、映画にある日本人キャラクターの影響が大きいかなという感じもします(笑)

イギリスだけでも地域、社会階層別、職業、出身地などのステレオタイプのアクセントがたくさん!

<②オーストラリア、アメリカ、イギリス英語の発音の比較の動画>

16分もありますが、最初はAudibleの宣伝なので2分45秒くらいからみてください。

各国の発音記号の表記もあるので、違いがよくわかります。

<③キウィイングリッシュとしても知られるニュージーランド英語の発音を紹介する動画>

ニュージーランドではそのほかの英語人が「エ」と発音する「e」の音をイーと発音することがあるので、「left」が「lift」に「best」が「beast」のように聞き間違えられてしまうそうですよ。

<④アメリカ英語の特徴として知られる「FLAP T」を紹介する動画>

 

アメリカ英語でよくある「tなのにdともrとも聞こえる微妙な音になるt」のことをフラップTと呼んでいます。

最近日本の若者(笑)でも流行りのパーリピーポのパーリはその典型ですよね!

この動画ではKeenan先生が、アメリカ英語で代表的なフラップTの音が入る単語を25個紹介しています。

英語のリスニングと知っておきたい発音記号の秘密のまとめ

発音記号って記号化されてわかりやすいはずなのに、その音がわかるようになるまではわかりにくいですよね。

実際に「発音記号って難しいから嫌い!」という人は私の周りにもいます。

発音記号は正しい発音をマスターするための最強の武器ですが、発音記号に振り回されてれてしまっては元も子もありません。

辞書に記載されている発音記号だけが唯一の正解ではないということもぜひどこかで覚えておいてもらえると嬉しいです。

また発音記号の説明は文字で読んでもわかりにくいものです。

YouTube動画を参考にしたり英会話講師にデモンストレーションしてもらうなど、視覚も最大限に活用して自分の口や舌や喉でも音の違いに気づけるようになりましょう。

頭で考えるより慣れてしまうことの方が早いこともありますよ。

そして発音記号を味方につけて効率的に<英語を聞き取れない耳>を<聞き取れる耳>に育てていきましょう!

 

"If you are working on something that you really care about, you don't have to be pushed.  The vision pulls you." - Steve Jobs-

-英語リスニングのコツ

© 2021 Listening 101