ビジネスで使える英語 海外ドラマで英語リスニング

スーツ シーズン9x1で英語リスニング③一歩上の表現

  1. HOME >
  2. ビジネスで使える英語 >

スーツ シーズン9x1で英語リスニング③一歩上の表現

お家時間に楽しみながら英語のリスニング力を上げたい人には海外ドラマや映画がオススメです。

YouTubeをはじめアマゾンプライムビデオやHulu、Netflixなど、自宅を一歩も出なくても世界中の映画が観れる時代にこれらを利用しない手はありません。

またビジネス英語に興味があるなら数あるドラマや映画の中でも、ズバリ「スーツ」。

「スーツ」をじっくり観て(きいてビジネス英語をきき取れる耳を育てていきまましょう。

ただしリスニング力を上げるためにも、日本語字幕を極力読まないように心がけて下さい。

字幕を読まずに耳で聴き取った英語からドラマの内容をイメージできるレベルまであげるのが目標です。

英語リスニングには日本語字幕を読まないで!

この記事では実際に「シーズン9x エピソード1」で使われている、是非聴き取りたいワンラックアップのこなれた表現をいくつかご紹介します。

各セリフに対する字幕も一緒にご紹介しています。中には「そう来る?」という意訳もあり面白いので参考にしてみて下さい。

Depends Who's Asking

@7:51

Steven Faulkner: Alex Williams?

Alex: Depends who's asking.

「depend」は「を頼る」「依存する」などの意味がよく知られていますが、英会話では「による」「次第である」「かかっている」という意味でも良く使われます。

この「Depends who's asking.」は朝のジョギング中に突然見覚えのない男性に「アレックスウィリアムズさんですか?」と尋ねられたときのアレックスの反応。

字幕では「どちら様?」とありますが、英語が聞き取れれば「アレックスかどうかは誰に尋ねられているかによってですね」という少し皮肉を含めた返しになっていることがわかります。

 

セリフ 字幕
Alex: Depends who's asking. どちら様?

 

Drive A Wedge

11:43

Samantha: And you can try to drive a wedge between us all you want. It's not gonna work.

Harvey: So why don't you go ahead and tell us, what's it gonna take for you to back off Robert's clients?

Eric: Well, you know, if I can't drive a wedge, I can't drive a wedge. But what it's gonna take for me to back off your hero's clients is for old Harvey here to give me ten of his. Ooh, look at that. Maybe I did drive a wedge. You keep hitching your wagon to the wrong man, sweet pea.

Samantha: You didn't drive a wedge between anything, you piece of sh-t. Call me "sweet pea" one more f--king time.

一瞬「drive the edge⁉️」「端っこを運転する?」と思ってしまいそうなこちらの表現ですが、「edge」ではなく「wedge」です!

この「wedge」とは日本語で「楔(くさび)」というものですが、そもそも楔ってご存知ですか?

大工さんならもちろんでしょうが、日曜大工が好きな方なら見たことがあるかもしれません。

くさびとは、隙間や裂け目を埋める役割と、隙間に入れて叩きその裂け目で割る役割の、2つの正反対の役割で使われる道具のこと。(詳しくはウィキペディアを参照ください。)

そして「運転する」という意味で知られる「drive」には、「くぎやくいなどを〜に打ち込む、たたき込む」という意味もあります。(例:「Drive a nail home」で「 十分にくぎを打ち込む」となります。この「home」は「家」ではなく、「ぐさりと」「ずぶりと」「くぎなどを深く」「十分に」という意味)

まとめると「drive a wedge」にはそのままの「楔(くさび)を打ち込む」という意味はもちろんのこと、「溝を作る」「分裂させる」という意味でも使われます。

ちなみに女性靴のウェッジソールの語源もこの「くさび」。確かに横から見るとくさび形(三角形)ですね。

この「wedge」にはくさびの他にもよく似た単語に「wedgie」があるのでご紹介します。まず学校で習うことはないと思いますが、男女に関係なく下着のパンツがお尻に挟まった状態のことを「wedgie [wédʒi]」と言います。お尻にパンツが挟まってしまったら「I have a wedgie.」で伝わります。人の背後からパンツを上に引っ張り上げてお尻に食い込ませるいたずらを「give wedgies」と言います。ビジネス英語ではありませんが、お尻に挟まったパンツに立派な名前がついていて感動した記憶が蘇ったのでご紹介させてもらいました。

 

セリフ 字幕
Samantha: And you can try to drive a wedge between us all you want. It's not gonna work. 溝を作ろうとしても無駄よ。
Harvey: So why don't you go ahead and tell us, what's it gonna take for you to back off Robert's clients? どうすれば彼の客から手を引く?
Eric: Well, you know, if I can't drive a wedge, I can't drive a wedge. But what it's gonna take for me to back off your hero's clients is for old Harvey here to give me ten of his. Ooh, look at that. Maybe I did drive a wedge. You keep hitching your wagon to the wrong man, sweet pea. 溝なんて作れなくていい。ロバートの顧客を守りたいなら、ハーヴィの顧客を10社よこせ。やったぞ。溝が作れたようだ。ヘマしたな、お嬢ちゃん。
Samantha: You didn't drive a wedge between anything, you piece of sh-t. Call me "sweet pea" one more f--king time. フザケンナ。今度お嬢ちゃんと呼んだら許さない!

 

That Makes Two Of Us

10:50

Alex: Then let me at least say this... I appreciate what you did, and I'm sorry it turned out this way.

Thomas: That makes two of us.

「私も同感」「同意見」ですという意味で使われます。

 

セリフ 字幕
Alex: Then let me at least say this... I appreciate what you did, and I'm sorry it turned out this way. 証言してくれて感謝してる。こうなって残念だ。
Thomas: That makes two of us. 私もだ。

 

Four Letter Word

22:03

Former Client: Look, I like Robert, but I can't sell this move. To my board, Zane is a four-letter word.

「うちの役員たちからしてみればロバートは4文字単語。。。」ん?んん??どういうこと?

これは英語ネイティブ話者が大好きな汚い言葉(「fu-k」「sh-t」「cu-t」などのいわゆる禁句)は4文字でできていることが多く、それらの言葉をはっきりと言いたくはないけど総称として口から出さざるを得ない場合はこのように「four letter word」と言って濁します。

「スーツ /SUITS」の弁護士たちは日常茶飯事でこれらの言葉を使っていますが、この元クライアントは濁す派のようです。

「four letter word」のようにざっくりまとめてしまわずに、「f-word」「s-word」「c-word」のように自分のを口を汚してしまわないように少しだけ濁す方法もあります。

 

字幕
Former Client: Look, I like Robert, but I can't sell this move. To my board, Zane is a four-letter word. ロバートのことは好きだが、取締役会が納得しない。

 

Did You Think I Was Gonna Ask You To Wash My Car?

31:48

Alex: No, you're not calling that in for this.

Katrina: Did you think I was gonna ask you to wash my car? Alex, you know this is the right thing to do.

ドラマを観ていると「ん?カトリーナの車をアレックスが洗う?んんん?」となるかもしれません。

直訳すると「私の車を洗ってとお願いするとでも思った?」となります。

カトリーナに大きな借りがあるアレックスに対し、「その貸しを洗車で返してもらおうと私が思ってると思った?」つまり「そんなしょうもないことでチャラにすると思った?」というユーモアを込めた皮肉言っています。

イディオムではないので、「車を洗って」でなくても「消しゴム貸して」でも「アイスクリーム買ってきて」でもなんでも良いのです。

このように皮肉を込めた表現をSarcasmと言います。

このようにユーモアを効かせたSarcasmは嫌がられるどころか好意的に受け入れられる場合が多いですよ!

ワンランク上の英語を身につけるには必要なスキルと言っても大げさではないかもしれません。

 

セリフ 字幕
Katrina: Did you think I was gonna ask you to wash my car? いつかは私が決める。

 

Nothing Worth Telling

40:10

Katrina: Alex, I don't mean to pry, but do you know something I don't?

Alex: Nothing worth telling.

「nothing worth ~ing」または「not worth  ~ing」で「〜するに値しない」になります。

  • There is nothing worth mentioning.特記事項なし

「詮索するつもりはないけど、何か知ってるんじゃない?」というカトリーナに「取り立てていうようなことはないよ」と返すアレックスのシーンです。

 

セリフ 字幕
Alex: Nothing worth telling. 特に何も

 

スーツ シーズン9xエピソード1 英語リスニングに役立つ一歩上をいく表現のまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では是非聴き取りたい一歩上をいく英語表現をご紹介しましたが、きき取ることはできましたか?

一歩上をいく英語表現

  • Depends Who's Asking
  • Drive A Wedge
  • That Makes Two Of Us
  • Four Letter Word
  • Did You Think I Was Gonna Ask You To Wash My Car?
  • Nothing Worth Telling

単語自体は簡単なものばかりなのに、少しひねりを効かせたこなれた感じがする表現ばかりですね。

またこれらの表現を耳にしても焦ってしまうことがないように、頭のどこかに置いておくといいかもしれません。

 

アマゾンプライムの会員なら「スーツ/SUITS」全9シーズン分を追加料金なしで見ることができます。(2021年5月現在)

-ビジネスで使える英語, 海外ドラマで英語リスニング

© 2021 Listening 101