ビジネスで使える英語 海外ドラマで英語リスニング

スーツ シーズン9x1で英語リスニング②イディオム•ことわざ

  1. HOME >
  2. ビジネスで使える英語 >

スーツ シーズン9x1で英語リスニング②イディオム•ことわざ

お家時間に楽しみながら英語のリスニング力を上げたい人には海外ドラマや映画がオススメです。

YouTubeをはじめアマゾンプライムビデオやHulu、Netflixなど、自宅を一歩も出なくても世界中の映画が観れる時代にこれらを利用しない手はありません。

またビジネス英語に興味があるなら数あるドラマや映画の中でも、ズバリ「スーツ」。

「スーツ」をじっくり観て(きいてビジネス英語をきき取れる耳を育てていきまましょう。

ただしリスニング力を上げるためにも、日本語字幕を極力読まないように心がけて下さい。

字幕を読まずに耳で聴き取った英語からドラマの内容をイメージできるレベルまであげるのが目標です。

英語リスニングには日本語字幕を読まないで!

この記事では実際に「シーズン9x エピソード1」で使われている、是非聴き取りたいイディオムやことわざをいくつかご紹介します。

各セリフに対する字幕も一緒にご紹介しています。中には「そう来る?」という意訳もあり面白いので参考にしてみて下さい。

イディオム「Poison The Well」

9:35

Samantha: I reached out to six more and none of them would take my call.

Harvey: Which means six more are about to go.

Samantha: And the only way that could happen this fast is if somebody's already poisoned the well.

直訳すると「井戸に毒を入れる」ですが、真実か嘘かには関わらず必ずしも良いとは言えない情報を入れ知恵しておくことの例えとして使われます。

 

セリフ 字幕
Samantha: And the only way that could happen this fast is if somebody's already poisoned the well. 誰かが入れ知恵しなきゃこうならないわ

 

イディオム「Raid The Kitchen」

11:25

Samantha: We know you're going after Robert's clients.

Eric: It's funny, when I first started whispering that Robert was stepping down, nobody believed me. But now they think I'm a regular Nostradamus.

Harvey: And if you think we're just gonna stand by and let you raid our kitchen, you've been checked into the boards one too many times.

「raid」には「襲撃する」「急襲する」という意味の他に「冷蔵庫をあさる」という意味もあります。

またアイスホッケー用語で「チェック」とは「妨害」を意味します。「check into the boards」でリンクの壁に激突させられる様子を表します。

この二つより、「私たちの冷蔵庫をあなたがあさるのを黙って見てるだけだと思うなら、あなたは何回もリンクの壁にぶつけられてるってことだ」となります。

 

セリフ 字幕
Harvey: And if you think we're just gonna stand by and let you raid our kitchen, you've been checked into the boards one too many times. 簡単に盗めると思ってるなら頭を壁にぶつけすぎだ。

 

ことわざ「The Best Defense Is A Good Offense」

14:17

Harvey: Because the best defense is a good offense.

アメリカンフットボール、バスケット、サッカーなど、スポーツ好きの人との会話でさらっと使えるとかっこいいですよね。

 

セリフ 字幕
Harvey: Because the best defense is a good offense. 攻撃は最大の防御なり

 

イディオム「Take A Bullet For」

18:02

Louis: The man took a huge bullet for us, Sheila.

直訳では「誰かのために銃で撃たれる」ですが、「人の代わりに非難を受ける」「身代わりになって矢面に立つ」という意味で使われる表現です。

 

セリフ 字幕
Louis: The man took a huge bullet for us, Sheila. ロバートは罪をかぶってくれた。

イディオム「On One's Watch」

@21:13

Henry Gerald: Louis, how could this happen on your watch?

Louis: You know what, Henry? sh-t's happened on your watch too.

腕時計の上で…ではありません。この「watch」は「世話」「見守り」「監視」「見張り」などの意味で「on one's watch」で「監督下で」となります。

ジェラルド教授のセリフも「なんでこんなことが君の時計の上で…」ではなく「君がいながら何故こんなことになったんだ」という意味ですね。

 

セリフ 字幕
Henry Gerald: Louis, how could this happen on your watch? なぜ止めなかった?

 

ことわざ「The Apple Never Falls Far From The Tree」

@22:3

Client A: One of your partners came from the Robert Zane coaching tree.

Client B: And you know what they say about trees and apples and all that.

直訳すると「リンゴは木から遠くに落ちない」ですが、 「 カエルの子はカエル」のように親と子は似るものだという意味で使われることわざです。

日本の「カエルの子...」とは異なり、英語の「The apple...」はネガティブだけではなくポジティブな意味でも使われます。(このシーンはもちろんネガティブ)

ちなみに「coaching tree」とはファミリー・ツリーや家系図のようなもので、スポーツチームのコーチとの関係を示す相関図です。

 

セリフ 字幕
Client A: One of your partners came from the Robert Zane coaching tree. 代表の一人は彼の愛弟子だ。
Client B: And you know what they say about trees and apples and all that sh-t. カエルの子はカエルというわ。

 

イディオム「Break One's Back」

23:39

Samantha: I mean, I have been breaking my back to get this done and I can't even reach Harvey, which makes me wonder if he even gives a sh-t about this at all.

直訳すると「背骨を折る」ですが「一生懸命に努力する」という意味で使われる表現です。

 

セリフ 字幕
Samantha: I mean, I have been breaking my back to get this done and I can't even reach Harvey, which makes me wonder if he even gives a sh-t about this at all. こっちは必死なのに連絡もつかない。最初からやる気がないのかも。

イディオム「Put Someone Through The Wall」

26:45

Samantha: So give up your clients or don't, but if your answer is no, I'm gonna put you through that wall.

「put you through the wall」を直訳すると「壁をぶち通してやる」となりますが、「壁を壊して突き破るほど思い切り強く壁に叩きつけてやる」というニュアンスです。

「put through」だけでも「通す」「中を通す」の他に幅広く「通す」としていろんな場面で使われる便利な言い回しなのでぜひ覚えておきましょう。

  • 「I'll put you through. 」で電話での「お繋ぎいたします」
  • 「Please put me through to Mr Yamada.」で電話に出た相手に「 山田さんにつないでください」つまり「山田さんをお願いします」という表現
  • 「My big brother put me through school.」私の兄が学校に行かせてくれました。
  • 「My ex-boyfriend put me through a lot, but now I am doing much better.」彼のせいで散々な目にあいましたが、今はましです。

 

セリフ 字幕
Samantha: So give up your clients or don't, but if your answer is no, I'm gonna put you through that wall. 顧客を渡さないなら、壁に叩きつけてやる!

イディオム「Spoil For A Fight」

28:53

Harvey: I'm telling you, if she weren't a woman...

Donna: Harvey, if there is one thing I know about Samantha, it's that she wouldn't want you to treat her differently because she's a woman.

Harvey: What are you saying?

Donna: I'm saying it sounds like she's spoiling for a fight.

「be spoiling for a fight」で「喧嘩がしたくてウズウズしている」という意味です。

「be spoiling for 〜」だけでも「〜したくてウズウズする」という意味なのですが、なぜか「喧嘩したい!」で使われることが多い不思議な言い回しです。

 

セリフ 字幕
Donna: I'm saying it sounds like she's spoiling for a fight. 戦いたくてウズウズしてるのよ。望み通りにして。

イディオム「Give Someone One's Word」

35:41

Louis: Harvey...

Harvey: Damn it, Louis, I gave Samantha my word!

直訳すると「〜に〜の言葉を与える」となる「give someone one's word」ですが、「約束する」「誓う」という意味でスーツにはよく出てくる表現です。

ただ弁護士同士の約束とは言っても所詮は口約束で、破られることが前提なのではないかと思うほどしょっちゅう反故にされます。

詳しくはこちらの記事もご参照ください。

スーツ/SUITSで英語「You Have My Word.」

 

セリフ 字幕
Harvey: Damn it, Louis, I gave Samantha my word! サマンサに約束した

 

イディオム「Drop Like Flies」

35:46

Louis: But since then, the Bar has been up our asses, clients have been dropping like flies, and we are not gonna have any associates next year if we do not do this. Now, Alex is with me. That's two votes. Your vote makes it happen.

直訳すると「ハエのように落ちる」という意味ですが、一体どういう状況でしょうか。

ブンブンたくさん飛び回るハエに殺虫剤をスプレーするとバタバタと落ちる様子をイメージしてください。

大勢の人や集団が急に崩壊していく様子、倒れてしまう様子などの例えとして使われます。

このルイスのセリフだと、ロバートがハーヴィの罪を被って弁護士資格を剥奪されてからというもの、ロバートが担当していた顧客がまるで殺虫スプレーで落とされるハエのように一斉にいなくなってしまったという例えですね。

 

セリフ 字幕
Louis: But since then, the Bar has been up our asses, clients have been dropping like flies, and we are not gonna have any associates next year if we do not do this. Now, Alex is with me. That's two votes. Your vote makes it happen. 協会に目をつけられるし、顧客は一気に逃げてくし。来年は新人も来そうにない。

 

イディオム「Over My Dead Body」

36:05

Louis: Samantha, I was just explaining to Harvey...

Samantha: You weren't explaining sh-t. You were going behind my back trying to pull Robert's name down, and over my dead body is that gonna happen.

直訳すると「あなたは私の死体を乗り越えて〜します」ですが、「絶対にありえない」「私が生きている限りはありえない」「絶対に認めない」という意味の表現です。

  • You will buy a $200,000 corvette on a loan over my dead body. 私の目の黒いうちは、20万ドルのコルベットを借金で買うことは絶対に認めないわよ。

 

セリフ 字幕
Samantha: You weren't explaining sh-t. You were going behind my back trying to pull Robert's name down, and over my dead body is that gonna happen. ロバートの名前を消す気ね。それは死んでも認めない

 

イディオム「Look What The Cat Dragged In」

37:02

Eric: Well, look what the cat dragged in.

直訳すると「猫が何を引きずってきたか見てごらん」ですが、普段滅多に来ない人がパーティーにきてくれたとき、誰かが約束の時間に大幅に遅れてきたときなどに、喜びだけではなく嫌味をこめても使えます。

 

セリフ 字幕
Eric: Well, look what the cat dragged in. 誰かと思えば君か

 

イディオム「Roll The Dice」

39:58

Katrina: I guess this means we're rolling the dice that keeping Zane's clients will be enough.

Alex: I guess it does.

直訳すると「サイコロを転がす」という意味ですが、「運に任せる」「一か八かにかけてみる」という例えにも使われる表現です。

このシーンでは、ルイスやハーヴィたちがロバートの名前を事務所名から外さないと決めた今、「状況を落ち着かせるために私たちにできることはロバートの顧客を逃がさないことということにかけてみましょう」と前向きなカトリーナです。

 

セリフ 字幕
Katrina: I guess this means we're rolling the dice that keeping Zane's clients will be enough. これで事務所が落ち着くといいけど
Alex: I guess it does. 大丈夫だろう

スーツ シーズン9xエピソード1で英語リスニングに役立つイディオム・ことわざのまとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では是非聴き取りたいイディオムやことわざをご紹介しましたが、きき取ることはできましたか?

イディオム

  • Poison The Well
  • Raid The Kitchen
  • Take A Bullet For
  • On One's Watch
  • Break One's Watch
  • Put Someone Through The Wall
  • Spoil For A Fight
  • Give Someone One's Word
  • Drop Like Flies
  • Over My Dead Body
  • Roll The Dice

ことわざ

  • The Best Defense Is A Good Offense
  • The Apple Never Falls Far From The Tree

英語ネイティブ話者との会話にはこのようなイディオムが所々投入されます。

自分で使いこなすことができれば尚よしですが、少なくとも知っていれば聴き取りやすくなりますし、字面通りにとってしまうという勘違いも防げます。

知らない表現が出てきた場合はぜひ調べてみてくださいね。

想像とは全く違う意味で驚かされることもあるかもしれません。

 

アマゾンプライムの会員なら「スーツ/SUITS」全9シーズン分を追加料金なしで見ることができます。(2021年5月現在)

-ビジネスで使える英語, 海外ドラマで英語リスニング

© 2021 Listening 101