海外ドラマで英語リスニング

海外ドラマで英語リスニング「スーツ」シーズン2後半

  1. HOME >
  2. 海外ドラマで英語リスニング >

海外ドラマで英語リスニング「スーツ」シーズン2後半

超人気海外ドラマ「スーツ(原題:SUITS)」シーズン2のハイライト動画を使ってリスニングの練習をしてみましょう!の後半です。

前半は「スーツ/SUITSで英語のリスニングシーズン2前半」からどうぞ♪

まずは字幕(ここで字幕はもちろん英語の字幕のことです!)なしで何度か聴きます。

もうこれ以上ムリだ!というところまできたらYouTubeの自動字幕機能や下のスクリプトで英語を確認してください。

なんとなく全部の音が拾えるようになるまで、字幕なし/ありを何度か繰り返します。

記事本文にはドラマで使われている英語の解説もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

海外ドラマ「スーツ/SUITS」シーズン2の簡単なあらすじ

ハーバード卒の超キレキレ敏腕弁護士ハーヴィーと超天才アソシエイトのマイクがコンビで活躍する弁護士ドラマのシーズン第二弾。

ニューヨークの大手法律事務所ピアソン・ハードマンのトップであるジェシカは、マイクの幼馴染トラビスからマイクが弁護士資格を持っていないことを聞かされます。(シーズン1の最後のシーンからの続き)

そんなマイクを即クビにしたいのに「自分も一緒にやめる」とハーヴィに宣言され、自分の右腕でもあるハーヴィを失うわけにはいかないジェシカは渋々黙認することに。

そんな折、共同経営者でありながら5年前に横領と不倫が原因で同事務所から追放されたダニエル・ハードマンが、裏切っていた妻が亡くなるやいなや復帰してくるのです。

一流弁護士たちを巻き込んで勃発する「ジェシカ vs. ハードマン」の熾烈な派閥争い。

一時はハードマンが優勢になりつつも、最終的にはマイクとハーヴィが見事にハードマンの悪を見抜き再追放する大どんでん返しは必見です。

ニューヨークのキレキレ敏腕弁護士たちによる、ハッタリ、虚勢、取引き、駆け引き、なんでもありの足の引っ張り合いは本当にすごいすごい!

テンポが良いので、全く飽きさせられることなくシーズンの最後まで一気に観てしまいますよ。

法律専門用語が飛び交うのでハイレベルの聞き取りスキルが必要ですが、英語字幕やスクリプトを上手に使えばリスニングの練習にもってこいのドラマです。

アマゾンプライム会員なら無料で観れます!(2021年時点)

海外ドラマで英語のリスニング「スーツ/SUITS 」シーズン2のハイライト動画

Scene 10 @5:34 - Episode 2, "Meet the New Boss"

Louis: Everyone. I would like you to meet Ms. Sheila Zass from our beloved Harvard Law.

Sheila: While I appreciate the introduction, I would have appreciated even more a little discretion. I'm here to make an assessment, which would have been aided by anonymity. Fly. Wall. Loud and clear. And by the way, it's Sazs. S-a-z-s.

Louis: Yeah, that's what I said. Sheila Zass.

*「a fly on the wall」は直訳すると「壁に留まっているハエ」ですが「こっそり観察している人」を例える表現です。

*「loud and clear」は「はっきりした」「非常に明瞭な」を意味するよく使われる言い回しなので覚えておきましょう。ちなみにこのシーンでは、匿名でこっそり観察をしたかったのにルイスに紹介されてしまったので、少し皮肉る意味の発言ですね。

Scene 11 @5:54 - Episode 4, "Discovery"

Donna: Come in. Hi, Harold, honey.

Harold: Is this why it says, "Do not enter?"

Donna: We're kind of busy in here. Do you mind if, um... You know, you just don't bother us anymore?

Herald: Sure. No problem.

Donna: Yeah, he didn't notice the files.

Mike: Oh, sh--, I'm late for Louis's settlement conference. Uh, and...thanks.

Donna: You're welcome.

*「Do you mind」は「〜してもらえませんか」または「〜してもいいですか」という意味で使われるとても便利な表現なので使えるようにしておきましょう。

<Do you mind if 〜> 〜してもいいですか?

  • Do you mind if I take this seat?
  • Do you mind if I put you on hold?
  • Do you mind if I smoke here?

<Do you mind 〜ing> 〜してもらえませんか?

  • Do you mind holding the door for me?
  • Would you mind helping me put my luggage up there?
  • Do you ming me eating my lunch here?

<回答例>

「全然気にしませんよ!」「どうぞどうぞ!」「どうぞご自由に」など肯定的な反応は「 No」で、「控えてください」「無理」「ごめん」など否定的な反応は「Yes」になります。

  • No! Not at all!
  • No. Go ahead.
  • Actually, (yes) I do. (差し支えるという否定的な意味)

〜してもらえませんか?と尋ねられた場合は、そのまま「Sure.」「No, problem.」「Of course.」とシンプルに答えるのもありです。また「yes」で断った場合も、その後に「sorry」をつければ柔らかくなります。

Scene 12 @6:24 - Episode 4, "Discovery"

Louis: So you're saying working for me is punishment? As far as I'm concerned, this whole conversation's punishment.

Harvey: Oh, here we go.

Louis: Duration?

Harvey: One case.

Louis: Jurisdiction?

Harvey: Exclusive.

Louis: What can I do to him?

Harvey: What do you want to do to him?

Mike: Harvey.

Louis: Things.

Mike: That is not a legitimate answer.

Harvey: Honor the boundaries of labor law?

Louis: I prefer the Geneva Convention.

Harvey: Then we have a deal.

Mike: We...

*「as far as I am concerned」を直訳すると「私が関心をもつ範囲で言えば」ですが、「私についていえば」「私に関する限り」という意味で本当によく使われます。ぜひ使えるように準備しておきましょう。

*「the Geneva Convention」とは「ジュネーブ条約」のことで、戦地での傷病兵の救護と救護者の中立性の保護や捕虜の待遇などが盛り込まれています。ここではHarveyとLouisの間の戦争で捕虜として囚われたMikeの扱いについて双方が取り決めています。

*「have a deal」で「交渉成立」という意味になります。「You have a deal.」の他に「It's a deal.」「We have a deal.」「You've got a deal.」などいろんな言い方ができます。

Scene 13 @6:52 - Episode 9, "Asterisk"

Edith Ross (Mike's Grandmother): Michael!

Mike: Grammy? Rachel. Oh, no. Um, Harvey...

Harvey: This is your famous grandmother?

Edith: Oh, you were right. He is sharp.

Mike: What are you doing here?

Edith: Mr. Specter, pleasure to meet you.

Hervey: Your grandson says nice things about you.

Edith: Oh, he tells me you're quite the hardass.

Mike: Can be a hardass.

Edith: "Hardass" isn't really the word he uses.

Mike: Okay, grammy!

Harvey: I see lip runs in the family. It's nice meeting you.

*「Your grandson says nice things about you.」など、「いい噂はたくさん聞いています」という意味の挨拶はよく使われる表現なので、ぜひ練習しておきましょう。「I've heard a lot of great things about you.」などがあります。逆にそのように紹介してもらった場合は、最低限でもニコッとして「Thank you!」だけは返せるようにしましょう。

*「It runs in the family」で「遺伝です」「そんな家系です」という意味になります。

Scene 14 @7:20 - Episode 9, "Asterisk"

Louis's father: Well, you are losing your hair.

Louis: It's the cut.

Louis's Father: It is not the cut.

Louis: It's the cut! And by the way, Dad, if you're not going to bother to figure out where the camera is, maybe you should put some freaking pants on.

Louis's Father: I know where the camera is. I'm not ashamed of my body.

Louis's Mother: Louie, I don't want to die before I see my grandchildren.

Louis: Mom, you have two grandchildren.

Louis's Father: Esther's children are not Litts!

*「bother」 も頻出単語なので覚えておきましょう。

  • Don't bother to call me back. 電話の折り返しは不要です。
  • Don't bother me. 私の邪魔をしないで!
  • I don't want to bother you, but could you... 迷惑はかけたくないのですが...してもらえませんか。
  • I am sorry to bother you, but would you do me a favor? ご迷惑をおかけしてすみませんが、私の頼みをきいてもらえませんか。

Scene 15 @7:15 - Episode 10, "High Noon"

Mike: The whole bag? How do you even do that, man? It's like--I've got, like, crazy cotton mouth right now. Harvey Specter doesn't get cotton "mouff."

Harvey: Cotton "mouff"?

Mike: Mouff. I guess Harvey Specter does get cotton "mouff."

Harvey: I can't help it, these pretzels...

Mike and Harvey: Are making me thirsty!

*「These pretzels are making me thirsty!」は Seinfeldからの引用でした(笑)アメリカ人は本当に引用が大好きです。(引用が大好きなアメリカ人は結構多いです)

Scene 16 @8:06 - Episode 15, "Normandy"

Donna: What do you want? Coffee? Tea?

Scottie: I'm good, thanks.

Donna: A woman who wants nothing. I distrust that.

Scottie: Who said I want nothing?

Donna: Oh, no one's ever said that about you.

Scottie: Oh. What have they said?

Donna: They?

Scottie: You.

Donna: My opinion matters to you?

Scottie: Your opinion matters to him.

Donna: I've only ever said good things about you, Scottie.

Scottie: But what have you thought?

Donna: Just don't screw with him.

Scottie: Don't screw with him or don't screw him?

Donna: Are you able to do one without the other?

Harvey: The other what?

Donna: I'll leave you two to business.

*「No, thank you.」ではきつく聞こえるので、「I'm good, thanks.」のような少し柔らかい表現が好まれます。そのほかの例はこちら…

  • I'm okay. Thank you.
  • I'm fine.
  • Thank you, but no thank you.
  • No thanks, but thank you for asking.

「Thanks.」より「Thank you.」の方が丁寧な表現なので、特にビジネスの場ではおすすめです。

Scene 17 @8:40 - Episode 16, "War"

Rachel: And I get it. I'm not good enough. What I don't get, Mike, is why you didn't have the courage to just come and tell me that yourself.

Mike: Look, he lied to you. I thought he deserved a chance to tell you himself, all right? When I went to his office to get him to sign the letter--

Rachel: Wait. You went to him to sign the letter? You told me you were going to sign the letter.

Mike: No--

Rachel: No, so you lied to me.

Mike: No, I didn't. I told you that I would help you.

Rachel: That is such bullshit! That's not what you meant, and you know it. You've been cagey with me since the second I came to you about the letter, and you're being cagey with me right now. You are. You're lying to me.

Mike: Not today, Rachel. Please, stop.

Rachel: Then what day, Mike? Because it's always something. It is always some secret or some story or some lie--

Mike: You don't understand--

Rachel: I don't understand what?

Mike: You don't understand what I have been through! You don't understand what I have lost! Because it's everything, everyone that I love-- Trevor, my grandmother, Harvey, now, probably this job! I am not ready to lose you... Not today!

Rachel: Then tell me.

Mike: I never went to Harvard.

*「have been through」を直訳すると「通過してきた」ですが「いろんな経験をしてきた」というように、特に厳しい辛い体験や経験に対して使われることが多いです。

  • I have been through a lot.
  • Our family has gone through the toughest time...
  • We are going through the hard times together...

「スーツ/SUITS 」シーズン2のハイライト動画でリスニングの練習のまとめ

いかがでしたでしょうか。

シーズン2はいよいよマイクの経歴詐称がジェシカにばれてしまうところから始まります。

こちらの動画には全く出てきませんが、シーズン2は妻をガンで亡くし手から不倫の秘密をバラされる心配の無くなったハードマンが事務所乗っ取りを企て大暴走するシーズンでもあります。

ちなみになぜ追放されていたはずのハードマンは、妻が亡くなったからといって我が物顔で事務所に戻ってこられるのでしょうか。

ジェシカと供に共同創設者の一人でもあるハードマンですが、5年前に横領や不倫の悪事がばれた際にジェシカがハードマンの出資分を買い取ることができず、現役パートナーではなくなったものの所有権は残されたのです。

なので事務所名にもそのまま残っていたんですね。

「スーツ/SUITS」ではアメリカの法人顧問弁護士事務所や弁護士、また訴訟の仕組みやからくりなどについても知ることができるので面白いですよ。(一度で全てを理解するのはとても難しいですが!)

また会話のペースも早いので、英語のリスニングは初級レベルよりも中級以上の方に向いているでしょう。

英語字幕やスクリプトの助けを使ってどんどんリスニング力を鍛えましょう!

アマゾンプライム会員なら無料で観れます。(2021年時点)

-海外ドラマで英語リスニング

© 2021 Listening 101