ビジネスで使える英語 海外ドラマで英語リスニング

スーツ/SUITSで英語「Throw Under The Bus」

  1. HOME >
  2. ビジネスで使える英語 >

スーツ/SUITSで英語「Throw Under The Bus」

超人気海外ドラマ「スーツ(原題:SUITS)」を観ながらリスニングの練習がおすすめ!

YouTubeをはじめアマゾンプライムビデオやHulu、Netflixなど、自宅を一歩も出なくても世界中の映画が観れる時代にこれらを利用しない手はありません。

この記事でご紹介する「throw someone under the bus」は直訳すると「誰かをバスの下に投げ入れる」となりますが、「自分の利益のために誰かを犠牲にする」「裏切る」という意味でよく使われる慣用句です。

参考までにケンブリッジ辞書の訳はこちら…

to do something harmful to someone else in order to gain an advantage for yourself

- Cambridge Dictionary

人を裏切ることなんて日常茶飯事の弁護士の世界が舞台の「スーツ/SUITS」では「betraying」や「back stabbing」と並んでよく出てきますよ。

現実の世界では人を裏切るシチュエーションなんてないに越したことはないですが、もしあった場合に使える言い回しとしてぜひ覚えておきましょう。

Throwing Mike Under The Bus

@35:24/Season 01, Episode 01, "Pilot"

Harvey: Look, I have to put my own interests above yours. It's nothing personal. You're fired.

Mike: Wait, so you're worried that if I stay, then they might find out that you lied about me and you'll lose your license. But if you fire me, then I could tell them that you lied about me, and you'd definitely lose your license.

Harvey: Are you telling me that if I throw you under the bus, you're gonna drag me with you?

Mike: You put your interests above mine, and I'm just putting mine back up next to yours.

Harvey: You're rehired.

Throwing Harvey Under The Bus

@01:30/Season 02, Episode 07, "Sucker Punch"

Tanner: Look at that. Finishing each other's sentences. How cute. No wonder you won't throw him under the bus. Good for you, Harvey. I mean, you're throwing her under the bus.

Harvey: Watch yourself, Tanner.

常にハーヴィに対して挑戦的なタナーは「ジェシカがハーヴィを見放さないのに、ハーヴィは裏切っているじゃないか」とグイグイ挑発してきます。

@11:14/Season 02, Episode 12, "Blood in the Water"

Mike: Bratton Gould is poaching our associates, Clark, Owens, but he's also coming after...

Harvey: Our clients. Trent Devon.

Mike: Someone's whispering in his ear.

Harvey: Allison Holt. She was brought in about a month ago.

Mike: She was ready to throw you under the bus.

Harvey: And Jessica threw her out.

Mike: So you think she's in this for revenge?

Harvey: Maybe. But we both know who brought her in. Hardman.

ライバル事務所に移ったビリーとの会話の中でピアソン・ハードマンの大口顧客が狙われていることに気がつくマイクは機転を利かしハーヴィに相談します。

誰かが情報を流しているに違いありません。

実は一ヶ月ほど前にある案件に関する証拠隠蔽がピアソン・ハードマンにかけられた際に、その弁護のために事務所に雇われたアリソン・ホールという弁護士がいたことを思い出しました。

結局アリソンはジェシカに解任されましたが、彼女のせいでハーヴィはもう少しで弁護士資格を剥奪されるところだったのです。(詳細はSeason 2, Episode 5, "Break Point"参照)

その復讐としてアリソンが情報を流しているに違いないと疑い始めるマイクとハーヴィのシーンです。

@07:11/Season 03, Episode 02, "I Want You To Want Me"

Cameron: Well, well, what a surprise. Jessica. Last time we saw each other, you were blackmailing me out of my job. Here to do it again? Because you gave me what you had on me.

Jessica: I just want to make one thing clear. What I did to you, I did to you. Don't take it out on Harvey.

Cameron: Oh, that's sweet. Like a mother protecting her cub.

Jessica: Take me on anytime you want, but don't punish Harvey's client for what I did.

Cameron: You did? You just happened on evidence from his time at the D.A.'s office? Oh. Ah. The redhead. Well, it doesn't matter, because he may not have been the one to betray me, but he didn't stop it.

Jessica: So after you threw him under the bus and I saved him, he should have thrown himself back under the bus?

Cameron: You just don't get it.

Jessica: Yes, I do. What you're really pissed at is that he chose me over you.

↓プライムビデオの字幕はこんな感じになっていました。

キャメロン:君が来るとは驚いたな。最後に会った時と同じように、また脅しに来たのか?

ジェシカ:私があなたにしたことでハーヴィに当たらないで

キャメロン:泣かせる。まるで赤ん坊を守る母親だ。

ジェシカ:私のやったことよ。彼の依頼人に罪はない。

キャメロン:君じゃない。検事補時代の証拠を君が持っているわけない。そうかそうか、赤毛の女だ。彼は君たちを止めなかった。同罪だ。

ジェシカ:あなたが彼を裏切ったからよ

キャメロン:わかってない

ジェシカ:彼が私を選んだから怒ってるんでしょ

地方検事局時代の証拠文書の改ざんで捕まりかけのキャメロンは、上司であるキャメロンを不利にする証言を拒むハーヴィを道連れにしようとしたことがありました。

ドナが捨てずにずっととっていた当時の証拠をジェシカが突き出し、裁判に持ち込まずにキャメロンを地方検事から辞任させたという経緯です。(詳細はSeason 1, Episode 11, "Rules of the Game"とEpisode 12 "Dog Fight"@31:28, @39:48参照。)

ジェシカの「So after you threw him under the bus and I saved him, he should have thrown himself back under the bus?」は、「ハーヴィはあなたに裏切られて私から救われた後に、またあなたのために自分を犠牲にすればよかったとでもいうの?」という感じでしょうか。

@15:05/Season 07, Episode 15, "Tiny Violin"

Scotty: If you're here in person, Stanley Gordon must really have you by the balls.

Harvey: You know about the suit.

Scotty: He called looking to get me to throw you under the bus three weeks ago. I told him I didn't have anything to say.

マイクの逮捕で経歴に傷がついたという元パートナーたちの弁護士として、元パートナーたちに連絡をとるスタンリー・ゴードン。

短期間ではあってもシニアパートナーとして事務所に在籍していたスコッティも事務所を貶める証言をするようにスタンリーから接触されたようです。

Throwing Jessica Under The Bus

詳細はSeason 7, Episode 11, "Hard Truths"参照ですが、事務所の解消(Dissolve)に必要な署名を取り付けるため、ルイスとハーヴィは「(ジェシカ・ピアソンが経歴詐称を知りながらもマイク・ロスを雇ったのは)利己的で倫理に関する上、軽率」だったので「当事務所は直ちに彼女との関係を解消します(プライムビデオの訳より抜粋)」というジェシカに全ての責任があるという事務所のスタンスをプレスリリースするという苦渋の決断を迫られます。

@32:02/Season 07, Episode 11, "Hard Truths"

Harvey: He said he'd only sign off on the restructuring if we bring him back as name partner. We have to figure out a way to get Jessica her money without changing the bylaws.

Louis: Well, there isn't. The second we cut her a check, we don't have a leg to stand on in court. It's a one-way ticket to bankruptcy.

Harvey: Well, I'm not letting that son of a bitch back into the house Jessica took from him.

Louis: Wait a second. You just said it. He doesn't want back in the house. He just wants to get back at the woman who took it from him.

Harvey: What are you saying?

Louis: I'm saying Stanley Gordon doesn't need money, and he doesn't want power. He just wants the world to know that Jessica's name is dogs--t.

Harvey: Whatever you're about to say...

Louis: Hear me out. If we put out a public statement that throws Jessica under the bus and disavows her completely...

Harvey: No way.

Louis: Harvey, she fell on the sword for us already.

↓プライムビデオ訳

ハーヴィ:(スタンリーは)代表に復帰させないとサインしないそうだ。ジェシカには別の方法で金を・・・

ルイス:今払ったら、方々から取り立てられるぞ。

ハーヴィ:彼女が追い出した男を戻したくない。

ルイス:そうだ。ゴードンは復帰ではなく報復したいんだ。

ルイス:彼女を名を地に落とせさえすれば満足するはず。

ハーヴィ:君の案は・・・

ルイス:聞け。我々が彼女を切り捨てたと発表すれば・・・

ルイス:彼女なら平気だ。

他に辞めたシニアパートナーにではなく、ジェシカにだけお金を払うことができるというこの方法には、ピアソン・ハードマンの前身だったGordon Schmidt Van Dykeのネームパートナーの一人であるスタンリー・ゴードンから署名を取り付ける必要があります。

が、事務所を乗っ取ったジェシカを恨むスタンリーが素直に署名に応じるわけはなく、悩んだ末、ルイスはスタンリーを納得させるためにジェシカを悪者にする案を思いつきました。

ハーヴィは最終的にゴードンが署名をすることとジェシカが納得をしてくれることを条件にルイスの案を認めました。

@03:19/Season 07, Episode 15, "Tiny Violin"

Stanley Gordon: Every single partner who left this firm after Mike Ross went to jail is damaged goods.

Donna: Bullshit.

Stanley Gordon: It's not bullshit. And in case it hasn't occurred to you, once you put that statement out about Jessica's disbarment, you made my case for me.

Harvey: Son of a--we issued that statement to appease you.

Stanley Gordon: Hey, it wasn't my idea to throw your mommy under the bus. It was your partner's. All I did was take advantage of an opportunity. Now, if you'll excuse me, I have a trial to prepare for.

ママ(ジェシカ)を切り捨てたのはルイスの案で、私はそれを利用しただけ(プライムビデオ訳)」

@40:20/Season 07, Episode 15, "Tiny Violin"

Harvey: You want me to file a TRO for a housing project? I am in the middle of a fight for this firm's life.

Jessica: I don't care what you're in the middle of. You owe me, because along with about 100 other things, you threw me under the bus.

Harvey: And as I recall, you said you were okay with it.

Jessica: And now, I need a goddamn favor.

この発表はジェシカの持ち株を買い取るためにも必要で、またあらかじめジェシカも納得のうえだったとはいえ、「私を犠牲にした引き換えに、一つお頼みをきいてほしい」というジェシカからの依頼です。

ちなみにTROとは「Temporary Restraining Order」の略で「保全処分」「〔米法〕 一時的差止命令《訴訟の最終的決着まで現状維持をはかるために裁判所が発する命令》」という意味です。

Throwing Louis Under The Bus

@27:05/Season 03, Episode 07, "She's Mine"

Rachel: Nigel dug up Harold.

Mike: What? He's gonna throw Louis under the bus.

Rachel: Which is why I need your help. I need you to remember anything good he said about Louis.

Mike: I can't.

Throwing Other People Under The Bus

<Harold Gunderson>

@25:30/Season 3, Episode 16, "No Way Out"

Wood: You mean you were trying to cover your tracks.

Mike: No, we were having a heated conversation about what bullshit charges these are.

Wood: Okay, I'm done playing your games.

Wood to Herald: He was your only friend at that firm, you got fired. You got him another job, and that's why you went to him to set this whole thing up.

Mike: You've got your information wrong. He wasn't my friend. I had the chance to save his job...

Herald: But instead, he threw me under the bus. That is why I instituted this lawsuit.

<Those Guys>

@04:27/Season 06, Episode 15, "Quid Pro Quo"

Mike: Look, the only thing we did wrong was make a deal to get me into the Bar. If I pull out of that hearing, Palmer can't touch us.

Harvey: Are you--think about what you're saying.

Mike: I don't need to think about it. I'm not going to throw those guys under the bus.

Harvey: Mike, we've come too far-- I don't care. Tell Seidel the deal's off.

<Lisa and Quentin>

@32:30/Season 1, Episode 5, "Dirty Little Secrets"

Harvey: Well, the key word is unknowingly. Lisa's an outside contractor. The company may be liable for actual damages, but we can shift the blame for the fraud to Lisa.

Jessica: There'd be a small payment, but you might be able to keep the drug on the market.

Quentin Sainz: And throw Lisa under the bus?

Jessica: She was throwing you under the bus.

Quentin Sainz: She was trying to save my life.

自分自身は潔白でもガールフレンドのリサがALS治療薬の治験結果を改ざんしていたことがわかった時のクエンティンの反応。

治験データの改ざんはコンサルであるリサの独断で行われたことにすれば、会社としては薬の副作用の責任に対する罰金を支払うだけで薬の販売自体は続けられるという解決策をクエンティンに提案です。

クェンティンは治療薬の重大な副作用について集団訴訟を起こされているこの製薬会社の社長であるだけではなく実際に投薬を受け症状が劇的に回復したALS患者でありジェシカの元夫でもあるため、当事者それぞれの思いも複雑です。

Thanks For Not Throwing Us Under The Bus

@37:17/Season 5, Episode 1, "Denial"

Mike: Hey. Harvey?

Harvey: Yeah.

Mike: I just wanted to say thanks for not throwing us under the bus back there.

スーツ/SUITSで英語「throw under the bus」のまとめ

いかがでしたでしょうか。

実はここに記載したのはまだ全体のごく一部で、本当は「スーツ/SUITS」のあちこちで「throwing someone under the bus」が使われています。

ドラマを観ながらたくさん聞き取りましょう!

弁護士業界では誰が誰を裏切る話や犠牲にする話など、日常茶飯事の出来事なのかもしれません。

あなたの業界ではどうでしょうか。

裏切る方も裏切られる方も嫌なものです。

できるだけこのような状況に巻き込まれないように、普段から気を引き締めてまじめに取り組むしかなさそうですね。

シーズン別サマリー(ネタバレ注意!!

↓シーズン1:経歴詐称の天才弁護士マイクとハーバード卒の敏腕弁護士ハーヴィのスーパーコンビの誕生です。

↓シーズン2:マイクの秘密が少しずつ周囲にバレ始めます。ピアソン・ハードマンは、追放までされていた悪名高きハードマンに乗っ取られてしまうのでしょうか?

↓シーズン3:イギリス大手のダービー国際法律事務所と合併しピアソン・ダービーになりました。ハーヴィが検事局を去った理由、マイクがハーバード編入を取り消されてしまった理由も明かされます。

↓シーズン4:弁護士を辞めて投資家に転職したマイクとハーヴィが企業買収で対立します。ピアソン・ハーヴィにマイクは復職するものの、ひょんなことからルイスにまでマイクの秘密がばれてしまいます。

↓シーズン5:検事事務所時代から10年以上も自分の秘書を勤めてくれたドナがルイスの秘書になったことを発端にパニック発作を起こしカウンセリングを受けるハーヴィ。シニアパートナーのジャック・ソロフを手先にしてピアソン・ハーヴィ・リットを荒らしてくるダニエル・ハードマン。そんななか、とうとうマイクが経歴詐称で捕まります。何が何でもハーヴィを刑務所に送りたい連邦検事補アニタ・ギプスはハーヴィを売ることを条件にマイクに司法取引を持ちかけますが、マイクは取引に応じず裁判で戦うことに。経歴詐称の弁護士に勝ち目はあるのでしょうか。

↓シーズン6:陪審員裁判で勝てる自信がなかったマイクは、ハーヴィの猛反対を押し切りハーヴィをはじめ事務所の仲間を誰一人起訴しないことを条件に自ら2年間刑務所に入る取引をしてしまいます。刑務所の中では、ハーヴィに刑務所に入れられたことを逆恨みするフランク・ギャロから目をつけられ初日から大変な思いをするマイク。一方事務所はこの不祥事に巻き込まれたくない弁護士たちが一斉に去り、もぬけの殻状態に。その上過去にマイクが関わった顧客から集団訴訟を起こされ、事務所存続の危機に。自分の身代わりになり刑務所に入ることになったマイクを早く出所させるためハーヴィはあらゆる手を尽くし、、、なんと早期出所が実現。待望の弁護士適正審査を受けることになりましたが、そこにもアニタ・ギプスの壁がたちはばかります。マイクは本物の弁護士になれないまま終わってしまうのでしょうか。

↓シーズン7:父親願望の強いルイスは、前彼との子を妊娠したタラと婚約し幸せの絶頂。ところが突然の婚約破棄で不幸のどん底に落とされ、アソシエイトたちに暴言を吐きアソシエイト教育係から外されます。教育係を引き継いだレイチェルの指示に従わないステファニーはクビになり、ルイスをハラスメントで訴えました。シーズン5でパニック発作が発症した際に診てもらっていたカウンセラーのポーラと付き合うハーヴィですが、ポーラにはドナの存在が許せません。シーズン6でマネジンクパートナーのジェシカがボーイフレンドのジェフ・マロンと一緒にシカゴに拠点を移しましたが、シーズン7ではとうとう結婚式を挙げたマイクとレイチェルがシアトルでのジョブオファーを受けることに。

↓シーズン8:マイクとレイチェルが去り、ロバート・ゼイン所長の下新しいメンバーでの幕開けです。

-ビジネスで使える英語, 海外ドラマで英語リスニング

© 2021 Listening 101