ビジネスで使える英語 海外ドラマで英語リスニング

スーツ/SUITSで英語「With All Due Respect」

  1. HOME >
  2. ビジネスで使える英語 >

スーツ/SUITSで英語「With All Due Respect」

超人気海外ドラマ「スーツ(原題:SUITS)」を観ながらリスニングの練習がおすすめ!

YouTubeをはじめアマゾンプライムビデオやHulu、Netflixなど、自宅を一歩も出なくても世界中の映画が観れる時代にこれらを利用しない手はありません。

この記事でご紹介するフレーズは「with all due respect」です。

「お言葉ですが」「お言葉を返すようですが」「失礼を承知で言わせてもらいますが」「恐れ入りますが」という意味で使われます。

つまり、相手が言ったことに敬意を払いつつ反対意見を述べる時に使える大事な表現。

「with all due respect」で一旦切り、一呼吸を置いてから本題に入ります。

実生活でもよく聞かれる表現なのでぜひ覚えておきましょう。

参考までにケンブリッジ辞書の訳はこちら…

with (all due) respect

(also with (the greatest) respect):

used to express polite disagreement in a formal situation:

-With all due respect, Sir, I cannot agree with your last statement.

Cambridge Dictionary

スーツ/SUITSではどのように使われているのでしょうか。

 

With All Due Respect

「お言葉ですが」「お言葉を返すようですが」「失礼を承知で言わせてもらいますが」という意味。

Mike's "With All Due Respect" #1

@36:57/Season 2, Episode 7, "Sucker Punch"

Mike: Louis's testimony pushed it over the top. But that jury, they didn't see Louis Litt believing Harvey's innocence... they saw Travis Tanner. And that is never gonna happen in court.

Jessica: You do realize that you are chastising the managing partner.

Mike: With all due respect, it's not gonna matter what you are if Harvey gets disbarred.

Jessica: We'll find a way to win.

Mike: You should be finding a way to settle.

マネジング・パートナー(=事務所のトップ)であるジェシカに対し、「タナーが相手になる本番ではさっきのルイスとの練習のように簡単にはいかないでしょう」とビシッと言い切るマイク。

「マネジング・パートナー相手によくいうわねぇ」というジェシカにも怯まずに「お言葉ですが、あなたが負けてハーヴィの資格が剥奪されればあなたのそんな役職だって意味はなくなりますよ」と返すマイクはさすがです。

Jeff Malone's "With All Due Respect"

@17:25/Season 4, Episode 4, "Leveraged"

Judge: I don't know why you needed to talk to me in chambers, Mr. Malone. I was clear on my ruling.

Jeff Malone: Well, with all due respect, Your Honor, your ruling didn't cover the fact that the S.E.C. has a vendetta against Pearson Specter.

Judge: That's a serious accusation.

Gretchen's "With All Due Respect"

@4:52/Season 5, Episode 10, "Faith"

Jessica: Where the hell is he?

Gretchen: I don't know.

Jessica: Gretchen, I swear, if you want to have a job tomorrow, you better tell me where Harvey is.

Gretchen: Ms. Pearson, every Sunday I lay out all my outfits for the coming week, and I have no intention of not wearing one of those babies tomorrow. So with all due respect, I don't know.

Jessica: Well, if you want to pick out your clothes for next week, you better find the hell out.

「ハーヴィの居場所を教えないとクビにするわよ」と秘書のグレッチェンを脅すジェシカ。

辞めさせられるつもりもないし「お言葉を返すようですが、知らないものは知りません」と返すグレッチェン。

Arlene Rosen's "With All Due Respect"

@10:07/Season 6, Episode 2, "ACCOUNTS PAYABLE"

Arlene Rosen (Attorney for the Plaintiff): What I have is the fact that you don't want to be talking about having hired a fraud in court for the next six months.

Jessica: No, we don't, so...

Arlene Rosen: With all due respect, this isn't an offer, it's a typo.

Louis: And with all due respect, this isn't a lawsuit, it's a shakedown.

Arlene Rosen: Bullshit. This is a chance for you to wipe the slate clean with the clients you defrauded.

マイクの経歴詐称が有罪になり、彼が今まで携わった全ての案件の依頼人たちがピアソン・スペクター・リットに対して集団訴訟を起こしました。

このシーンでの「With all due respect」は皮肉で使われているようです。

ルイスが和解額を提示すると「お言葉ですが、誤植じゃないですか?」と突き返され、「お言葉ですが、正当な訴訟どころかゆすりですよね?」と応戦するルイス。

Mike's "With All Due Respect" #2

@13:22/Season 6, Episode 16, "Character and Fitness"

Anita Gibbs: Mr. Chairman, if I may. Last winter, Mr. Ross pled guilty to defrauding the citizens of New York. Therefore, I propose we reject his application right now because Mr. Ross is a felon and the New York Bar does not accept felons.

Mike: Mr. Chairman, with all due respect to the new board member, you do. Not only does the Bar accept felons, but years ago, this very committee admitted Neal Wiesner, a man who spent years in prison for attempted murder. Now, Ms. Gibbs may think my crime is worse than attempted murder, but I don't think it's worth throwing away years of precedent by not even allowing me to make my case.

審査メンバーたちによる全会一致が必須の適性審査にそもそもマイクを有罪にしたアニータ・ギブスが新メンバーとして加わりました。

アニータは「マイクが過去に犯した犯罪は重罪であり、ニューヨーク州司法委員会は重罪犯を受け入れないことになっているため却下すべきだ」と主張します。

新役員(=アニータ)にはお言葉を返すようですが」という前置きで、過去にニューヨーク州司法委員会が殺人未遂という超重罪犯に資格を与えたことがあるという事実を発表するマイク。

Dr. Rowe's "With All Due Respect"

@24:55/Season 6, Episode 16, "Character and Fitness"

Dr. Julius Rowe: And in my experience, self-serving men do not risk their lives to help people.

Gibbs: I don't call defrauding your fellow man helping people. And I certainly don't call it having integrity.

Dr. Julius Rowe: With all due respect, ma'am, I'm done wasting my breath on you because the purpose of this hearing was to determine if Mike Ross had reformed. But you don't seem to be interested in that because you've already made your mind up.

Gibbs: Maybe I have.

Dr. Julius Rowe: Then maybe you shouldn't be on this committee. Because as I said, in my professional opinion, the world could use a lawyer like Mike Ross.

マイクの適性を検査するために、刑務所時代の精神科医であるドクター・ロウが証人として発言を許されることになりました。

ドクター・ロウの発言にも全否定なギプスに「お言葉を返すようですが、マイクが改心したかを見極める審査なのに、最初から決めてかかるあなたに息を無駄にするのも疲れた」と返しました。

何度見てもスッキリ気持ちの良いシーンです。

Rachel's "With All Due Respect"

@24:04/Season 7, Episode 15, "Tiny Violin"

Harvey: I need you to get to that dinner, and look through your father's files.

Rachel: With all due respect, I'm not in the habit of going through my father's things without him knowing.

Harvey: Then you don't have to worry, because he does know.

Susan Carter's "With All Due Respect"

@13:50/Season 8, Episode 13, "The Greater Good"

Samantha: When I'm done with you, you'll be lucky to get her on a parking ticket.

Susan: That might work where you come from, but no jury in this town is gonna believe any of that.

Samantha: What is wrong with you? Ms. O'Brien has been an asset to this community for 20 years.

Susan: With all due respect, Ms. Wheeler, you don't know a damn thing about this community, and I don't know what that woman did to get some Manhattan lawyer in her corner, but I'm not gonna let it stop me from doing what I have to.

実は自分自身もかつてジュディ・オブライアンの里子だったサマンサのジュディへの恩は大きく、何が何でも疑いを晴らしたいと思っています。

「ジュディは20年もたくさんの子供たちの里親としてこの街に尽くしてきたのよ。」というサマンサに、何も知らないスーザンは「お言葉だけど、マンハッタンの弁護士に何がわかるのよ。」と返します。

Pay My Respects

「敬意を払う」「仁義をきる」「拝む」という意味。

@21:13/ Season 1, Episode 8, "Identity Crisis" (エピソード9「敵と味方の境界線」)

Harvey: What the hell are you doing?

Louis: I was deposing the widow, just like you.

Harvey: I came here to pay my respects and initiate a relationship, not aggravate a grieving woman.

Louis: Yeah, I brought flowers.

Harvey: You just cost us a potential witness.

Treat With Respect

「敬意を払う」「丁寧に扱う」という意味。

Daniel Hardman's "Treat With Respect"

5年前に不倫と横領が発覚しジェシカとハーヴィにオフィスから追放されていたダニエル・ハードマンは、妻を亡くした途端に事務所に帰ってきました。

@5:16/Season 2, Episode 3, "Meet the New Boss"

Daniel Hardman: If you haven't noticed, my name is on the door. They're all my cases.

Harvey: The name of this firm is Pearson Hardman. You said it yourself, you're number two. I answer to number one.

Daniel Hardman: No matter who you answer to, one way or another, you will learn to treat me with respect.

Harvey: Fine. I respect you, but I don't work for you.

Stu Buzzini's "Treat With Respect"

マイクの有罪で従業員が去り、もぬけの殻になってしまったピアソン・スペクター・リット法律事務所。

金回りも厳しくなり、事務所の空きスペースをステュー率いる投資会社にサブリースすることにしました。

事務所の共有キッチンからルイスの大事なプルーンジュースとグランバーを勝手に処分し、ルイスから警告を受けてしまうステュー。(@21:34/Season 6, Episode 3, "Back on the Map"参照

@26:22/Season 6, Episode 3, "Back on the Map"

Louis: Well, I consider myself a fair man. What exactly do you have to say?

Stu: I want to say I heard you before, and I didn't treat you or your office with any respect, and I'm hoping we can have a fresh start.

Louis: That's wonderful. I'm touched. Now take this and get the hell out.

反省したステューは「敬意が足りなかった」と謝罪しますがブルペンを遊び場にしていたステューの社員に腹を立てたルイスに30日の立ち退き命令を出されてしまいました。(@26:22/Season 6, Episode 3, "Back on the Map"参照)

その一方でハーヴィはある顧客の重要投資情報をステューに調べさせ、礼としてステューたちにブルペンで業務をすることを認める賃貸契約書に内容を書き換えてしまいます。(@30:37/Season 6, Episode 3, "Back on the Map"参照)

ステューの社員で賑わうブルペンを見たルイスはステューに怒りますが、なんとステューが実は名門イェールのロースクール出身の投資家だったことがわかり、何も言い返せなくなってしまいます。(@36:13/Season 6, Episode 3, "Back on the Map"参照)

ハーヴィの案件がらみである顧客の証券データベースが必要なルイスですが、証券取引委員会か、自分の投資会社を営むステューからでもなければ手に入れることはできそうにもありません。

ステューとの関係が良好とは言えないルイスは、ドナから話をしてもらうことにしました。(@15:28/Season 6, Episode 7, "Shake the Trees"参照)

そしてドナとステューの記念すべき初対面シーン…

@17:14/Season 6, Episode 7, "Shake the Trees"

Donna: But I don't have time to delve into why you'll never do that because I need you to give Louis Litt access to your entire securities database.

(omitted)

Donna: Good. And since you questioned my abilities, you're not only gonna give Louis that database, you're going to treat him with the respect he deserves for the rest of your life.

お願いする立場にも関わらず、「私の能力を疑った罰として、ルイスに証券データベースを出すだけじゃなくて、ルイスにちゃんと敬意を表して」といつも通りになかなか強気なドナでした。(@17:14/Season 6, Episode 7, "Shake the Trees"

スーツ/SUITSで英語「With All Due Respect」のまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本では同僚はもちろん目上の人への反対意見などとんでもない行為と見られがちですが、アメリカのように自分の意見を言わない人は信用してもらえない国もあります。

だからといって、ただ言いたい放題になんでもかんでも不躾に言えばいいと言うものでもありません。

慣れるまでは特に、反対の意見を伝えるのは気が引けるものですが、「with all due respect」などのような表現を使いながら誠意を持って伝えるのが良いでしょう。

ビジネスの場でも耳にする機会は多いはずです。

ぜひ聞き逃さないようにしてください。

シーズン別サマリー(ネタバレ注意!!

↓シーズン1:経歴詐称の天才弁護士マイクとハーバード卒の敏腕弁護士ハーヴィのスーパーコンビの誕生です。

↓シーズン2:マイクの秘密が少しずつ周囲にバレ始めます。ピアソン・ハードマンは、追放までされていた悪名高きハードマンに乗っ取られてしまうのでしょうか?

↓シーズン3:イギリス大手のダービー国際法律事務所と合併しピアソン・ダービーになりました。ハーヴィが検事局を去った理由、マイクがハーバード編入を取り消されてしまった理由も明かされます。

↓シーズン4:弁護士を辞めて投資家に転職したマイクとハーヴィが企業買収で対立します。ピアソン・ハーヴィにマイクは復職するものの、ひょんなことからルイスにまでマイクの秘密がばれてしまいます。

↓シーズン5:検事事務所時代から10年以上も自分の秘書を勤めてくれたドナがルイスの秘書になったことを発端にパニック発作を起こしカウンセリングを受けるハーヴィ。シニアパートナーのジャック・ソロフを手先にしてピアソン・ハーヴィ・リットを荒らしてくるダニエル・ハードマン。そんななか、とうとうマイクが経歴詐称で捕まります。何が何でもハーヴィを刑務所に送りたい連邦検事補アニタ・ギプスはハーヴィを売ることを条件にマイクに司法取引を持ちかけますが、マイクは取引に応じず裁判で戦うことに。経歴詐称の弁護士に勝ち目はあるのでしょうか。

↓シーズン6:陪審員裁判で勝てる自信がなかったマイクは、ハーヴィの猛反対を押し切りハーヴィをはじめ事務所の仲間を誰一人起訴しないことを条件に自ら2年間刑務所に入る取引をしてしまいます。刑務所の中では、ハーヴィに刑務所に入れられたことを逆恨みするフランク・ギャロから目をつけられ初日から大変な思いをするマイク。一方事務所はこの不祥事に巻き込まれたくない弁護士たちが一斉に去り、もぬけの殻状態に。その上過去にマイクが関わった顧客から集団訴訟を起こされ、事務所存続の危機に。自分の身代わりになり刑務所に入ることになったマイクを早く出所させるためハーヴィはあらゆる手を尽くし、、、なんと早期出所が実現。待望の弁護士適正審査を受けることになりましたが、そこにもアニタ・ギプスの壁がたちはばかります。マイクは本物の弁護士になれないまま終わってしまうのでしょうか。

↓シーズン7:父親願望の強いルイスは、前彼との子を妊娠したタラと婚約し幸せの絶頂。ところが突然の婚約破棄で不幸のどん底に落とされ、アソシエイトたちに暴言を吐きアソシエイト教育係から外されます。教育係を引き継いだレイチェルの指示に従わないステファニーはクビになり、ルイスをハラスメントで訴えました。シーズン5でパニック発作が発症した際に診てもらっていたカウンセラーのポーラと付き合うハーヴィですが、ポーラにはドナの存在が許せません。シーズン6でマネジンクパートナーのジェシカがボーイフレンドのジェフ・マロンと一緒にシカゴに拠点を移しましたが、シーズン7ではとうとう結婚式を挙げたマイクとレイチェルがシアトルでのジョブオファーを受けることに。

↓シーズン8:マイクとレイチェルが去り、ロバート・ゼイン所長の下新しいメンバーでの幕開けです。

-ビジネスで使える英語, 海外ドラマで英語リスニング

© 2021 Listening 101