映画で英語リスニング

マネーショートで英語リスニング マイクとローレンス

  1. HOME >
  2. 映画で英語リスニング >

マネーショートで英語リスニング マイクとローレンス

マネー・ショート 華麗なる大逆転(原題:The Big Short)」(2015年)はもうご覧になりましたか?

アメリカ超大手の投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破綻を発端に瞬く間に世界中を金融危機が襲ったリーマン・ショック(2008年)の経営破綻の元凶となるアメリカの住宅バブル崩壊を予測し動いた一握りの投資家たちの姿を追う金融映画です。

そんな、見事にウォール・ストリートを出し抜いたと言われることの多いアウトローたちの中でも、さらに一歩先を進んでいたドクター・バリーことマイク・バリー(Dr. Michael James Burry)にスポットを当ててご紹介するシリーズです。

マイクのすごいところは、その他大勢が気付けないことに気付ける頭脳だけではなく、素晴らしい観察力と忍耐力で住宅ローン市場の直近の崩壊に気づき、先回りをしてCDSという保険をかけ、崩壊と同時に莫大な保険金を手にしてしまったところ。

そしてこの映画を見ていると、ローレンス(「Lawrence Fields」は「Joel Greenblatt 」という実在する投資家がモデル)とのやり取りが多いことに気がつくと思います。

自称「マイクのメンター(mentor、助言者)」でもあるローレンスですが、投資戦略に関してはとても慎重でリスクを望まないタイプ。

マイクと衝突してばかりの二人のやり取りも、一生懸命聞くと興味深く面白いのでぜひリスニングに挑戦してみてください。

字幕なしで観てみたいけど「英語がハイレベルすぎる」と躊躇されている方には、「マネーショートの英語を字幕なしで聞き取るポイントはズバリ‼︎」もおすすめです。

実は人づきあいが苦手だったというマイク。「マイク・バリーってどんな人」もどうぞ。

 

 

 

マネーショートに出てくる ローレンスとマイクの関係は?

マイクのメンターというからにはマイクにとっても特別な存在に違いありません。

映画の中では詳しく説明されていませんが、医学部を卒業後、研修医として多忙な日々を過ごしつつも投資に没頭し、そのまま投資に専念するようなったというマイクの異色の経歴はいまや有名な話。

その研修医時代にマイクが運営していた投資ブログからマイクの投資の才能を見いだし、数十億円規模の自分の投資ファンドを任すことでサイオンキャピタル(Scion Capital)の設立にひと役買ったのがローレンスだったのです。

つまりローレンスはメンターであるだけではなく、自分自身もサイオンキャピタルの大口顧客でもあるため、マイク の判断には常に敏感なんですね。

@12:47

LAWRENCE: Look, Michael. Metro Capital backed you four years ago when you were a doctor with a dinky webpage and some inheritance money. We've all done very well. Why don't you just stick with stocks?

ローレンスに小ばかにされるマイクも懸命に食い下がります。

@13:00

MIKE: Lawrence, please, don't patronize me. Listen...

自分のことをメンターだと言い切るローレンス。マイクの勝手な決断にかなり焦っている様子です。

24:46

LAWRENCE: Mike, I consider myself a mentor to you. But our company is not comfortable with this investment. Am I being clear?

マネーショートで英語リスニング ローレンスに戦略を告げるマイク

 

I want to short the housing market.

自分のファンドへの投資家でもあるローレンスに新しい方針を伝えるマイク。

@12:18

LAWRENCE: What stock are you valuing?

MIKE: No, no, no, no. No stocks. I want to short the housing market. I look for value wherever it can be found. And the fact is that these mortgage-backed securities are filled with extremely risky subprime adjustable-rate loans. And when the majority of the adjustable rates kick in, in '07, they will begin to fail. And if they fail above 15%, the whole bond is worthless.

  • mortgage-backed securities: 住宅ローン担保証券、不動産担保証券、モーゲージ債、モーゲージ証券(詳しくはこちらの記事でも解説しています)
  • subprime loans: 低所得者向けの高金利住宅ローン(詳しくはこちらの記事でも解説しています)
  • adjustable rate: 変動金利

マイク・バリーってどんな人」の記事でもご紹介したとおり、マイクは「住宅ローンを払わない人なんているわけがないんだから、住宅マーケットはずっと安定して当然!」という世間一般論に「なにかおかしい」と感じています。

トップ20の住宅ローン担保証券(Mortgage Backed Securities)を調べつくし、実際にはすでに月々の返済が滞る変動金利のサブプライムローンがたくさん含まれていることから、金利が上がりだせば住宅マーケットも崩壊間近ということに気が付き、空売りを決意します。

Don't patronize me.

住宅マーケットは常に安定しているというのが世の中の当たり前の考えのなか、それを真っ向から否定する「空売り」がそう簡単に超慎重派のローレンスに理解されるわけがありません。

@13:00

LAWRENCE: Michael, just take a beat. We'll talk about this later, okay?

MIKE: Lawrence, please, don't patronize me. Listen...

  • take a beat: 「stop for a moment to relax; pause and think about what you are doing」urban dictionaryより
  • patronize: カタカナ語にもなっている「パトロン(patron)」の動詞形。英和辞書を引くと「保護する」「後援する」「奨励する」「ひいきにする」などの意味が並んでいますが、Cambridge Dictionaryなどの英語辞書には「to speak to or behave towards someone as if they are stupid or not important」と「見下したようにあしらう」という意味が一番上に書かれていることが多いので覚えておきましょう。
  • bet against: 上のシーンにはありませんが、マネーショートにはよく出てくる表現なので合わせてご紹介します。

マイクからの「住宅マーケット空売り宣言」に焦るローレンスの最初の反応が「落ち着いてもう少しゆっくり考えたほうがいい」でした。

Why don't you just stick with stocks?

畑違いのお医者さんの卵を自分が投資の世界へ引き込んで来たという自負もあるのでしょうか、マイクに対して上から目線のローレンス。

@12:47

LAWRENCE: Look, Michael. Metro Capital backed you four years ago when you were a doctor with a dinky webpage and some inheritance money. We've all done very well. Why don't you just stick with stocks?

  • dinky: 小さい、小さくてかわいい
  • inheritance: 相続、遺産。発音記号は[ɪnhérətns]なのでhの後のeのアクセント意識して発音してみましょう。

We have to act now!

@14:53

MIKE: It's only a matter of time before someone else sees this investment. We have to act now!

I read them.

LAWRENCE: How do you know the bonds are worthless? Aren't they filled with fucking thousand of pages of mortgages?

MIKE: I read them.

LAWRENCE: You read them?

MIKE:  I read... Yes.

LAWRENCE: No one reads them. Only the lawyers who put them together read them.

ちなみにここに出ている「read」は過去形なので発音記号は赤い「red」と同じ[red]となります。

It's a time bomb, and I want to short it.

@15:12

MIKE: Look, I don't think that they even know what they've made. The housing market is propped up on these bad loans, and I'm...  It's a time bomb, and I want to short it.

 

I am gonna get a bank to make me one. And then I'm gonna buy it.

LAWRENCE: Through what instrument, Michael? There are no insurance contracts or options for mortgage bonds. The bonds are too stable.

MIKE: Lawrence... This is what I'm gonna do. I am gonna get a bank to make me one. And then I'm gonna buy it.

「こんなに安定している住宅ローン債券に保険をかける手段すら無いじゃないか」というローレンスに、「だったら銀行に造らせるだけだ」と返すマイク。

マネーショートで英語リスニング ローレンスに事後報告

$1.3 billion.

ローレンスの反対を押し切り、とうとう買ってしまいました!USD1.3ビリオン!

@24:33

MIKE: $1.3 billion.

LAWRENCE: What? That's pretty much all of Scion's liquidity. Michael, this is highly distressing.

MIKE: Lawrence, that is not all of our liquidity.

ちなみにUSD1.3ビリオンとは1ドル120円で換算すると1,560億円です。

相当な大金です!

This is a certainty.

24:46

MIKE: And I'm not certain that you really understand this trade. This is a certainty.

LAWRENCE: Mike, I consider myself a mentor to you. But our company is not comfortable with this investment. Am I being clear?

MIKE: Lawrence, I have full autonomy when it comes to investment strategy. You can read our agreement.

  • mentor: 助言者。日本語ではメンターですが、発音記号では[ˈmen.tɔːr]となっています。アのようなオ(アとオの中間のような音)でメントアのようなイメージです。
  • autonomy: 自主性。発音記号[ɔːtάnəmi] にあるように、こちらもアのようなオで、tの後ろのアクセントを意識して発音してみましょう。

ここでローレンスがいう「our company」はローレンス自らが率いるMetro Capitalのこと。

ここまで育ててやった助言者の言うことを素直に聞けというローレンスに対し、「投資戦略に関しては僕に自主性があると約束したじゃないか」と食い下がるマイクです。

We lose millions until something that's never happened before happens?

@25:04

LAWRENCE: Do not throw our inception agreement in my face, Michael. We had an underlying understanding you wouldn't act like a goddamn crazy man.

MIKE: This is not crazy. It's all very logical.

LAWRENCE: So, now we pay up premiums on these swaps against the housing market until the mortgages fail?  In other words, we lose millions until something that's never happened before happens?

MIKE: That's correct.

  • throw something in one’sface: ~を人の顔に投げ付ける

住宅市場バブルの前代未聞な崩壊にこんな大金をかけるなんてマイクがおかしくなったとしか思えないローレンス。

Have you lost your mind?

メールのタイトルに「re: Credit Default Swaps」と入っていることからもわかるように、Scion Capital投資家にMBS(住宅ローン債券)のCDSをを購入したことを伝えたのでしょう。

投資家からの反応はこんな感じでした。。。

@25:07

"Why am I paying premiums?"

"You should be careful"

"Have you thought this through?"

"URGENT re: Credit Default Swaps"

"Millions down the drain"

"How are we supposed to profit?"

続々と新しいメッセージが入ってきています!

@25:35

"Have you lost your mind?"

"Credit default swap?"

"Housing spike peak"

"Premiums on credit default swaps?"

"Withdrawing money"

コンピューターの画面を見ながらボリボリと口にしているのは、ブランド名こそ出ていませんがTUMSでしょうか。

アメリカではごくごく一般的な、少し甘くてパステルカラーが可愛いまるでラムネ菓子のような胃薬です。(←とにかく大人用に作られた胃薬とは思えない風貌 笑)

マネーショートで聞き取るマイクバリーの踏ん張り

とうとうローレンスとローレンスの仲間マーティン(Martin Blaine)がマイクのオフィスに乗り込み住宅市場の空売りをやめるように要求します。

No one can see a bubble. That's what makes it a bubble.

@46:17

LAWRENCE: We have no confidence in your ability to identify macroeconomic trends.

MIKE: You flew here to tell me that? Why? Anyone can see that there is a real estate bubble.

MARTIN: Actually, no one can see a bubble. That's what makes it a bubble.

Mortgage fraud has quintupled since 2000 and…

MIKE: That's dumb, Lawrence. There's always markers. Mortgage fraud has quintupled since 2000 and the average take-home pay is flat, but home prices are soaring. That means the homes are debt, not assets.

  • quintuple: 5倍。ちなみにquintupletsで五つ子、quintupletだと五つ子のうちの一人となります。
  • take-home pay: 税金を差し引いた手取り給与
  • soar: 急成長すること、膨れ上がること。痛い、筋肉痛という意味の「sore」とは異なる綴りでも同じ発音[sɔ́ːr]なので覚えておきましょう。

So Mike Burry of San Jose knows more than Alan Greenspan and Hank Paulson

@46:50

LAWRENCE's fellow investor: So Mike Burry of San Jose, a guy who gets his hair cut at Supercuts and doesn't wear shoes, knows more than Alan Greenspan and Hank Paulson.

MIKE: Well... "Dr." Mike Burry, yes, he does.

LAWRENCE: That's cute. That's cute. Are you being sarcastic with us, Mike?

MIKE: Lawrence, I don't know how to be sarcastic. I don't know how to be funny. I don't know how to work people. I... I just know how to read numbers.

  • Supercuts: 主に北米に展開する格安ヘアカットサロン
  • Hank Paulson: ハンク・ポールソン(Hank Paulson)は、ゴールドマン・サックスの元会長兼最高経営責任者。アメリカの財政政策や金融政策を担当するアメリカ財務相(United States Secretary of the Treasury) の長官も務めた。本名はHenry Merritt Paulson。ハンクはヘンリーのニックネームとして使われることも多い名前なので知っておくと便利かもです。

I may have been early, but I'm not wrong.

@47:26

LAWRENCE: How big is your short position right now?

MIKE: Um... Just $1.3 billion.

LAWRENCE: And the premiums?

MIKE: Well, we pay, uh, roughly $80 to 90 million each year, which is high, but I was the first to do this trade. Watch. It will pay. I may have been early, but I'm not wrong.

このシーンでCDSの年間支払い保険料が80〜90ミリオン米ドルであることがマイクの口から出ました。

When the adjustable rates kick in. The defaults will skyrocket.

@47:48

MARTIN: : It's the same thing. It's the same thing, Mike!

LAWRENCE: You're managing a fund of, what, $555 million? In six years, it'll all be gone. On one bet.

MIKE: No, the second quarter of '07 is when the adjustable rates kick in. The defaults will skyrocket. 

MARTIN: Yeah. Says you.

LAWRENCE: How much is eligible for withdrawal before they do? Say, in the next two quarters. If your investors panic. $302 million?

MIKE: I...

MARTIN: My God, Mike.

マイク的には2007年の第二四半期には変動金利が動き出し住宅ローンのデフォルトが急増すると読んでいます。

が、住宅ローン安定論の信者でもあるローレンスにはそんな話が通用するわけがありません。

555ミリオンのファンドで、起こるわけもない住宅バブル崩壊まで年間80~90ミリオンの保険料を払い続けることにとにかく大反対。

仮にマイクの言うとおりにいつかバブルが崩壊するとしても、その前にファンドが空っぽになってしまう可能性だって否めません。

No one will pull out. That would be suicide.

@48:28

MIKE: No one will pull out. That would be suicide. I mean, I'm down 17% for the year. But if they trust me, and they trust me, because...

MARTIN: No one trusts you! No one!

The second quarter of '07 is when our housing positions show returns

@48:37

MIKE: I sent several emails to my investors letting them know that the... the second quarter of '07 is when our housing positions show returns and... I've been very clear.

LAWRENCE: People will withdraw their money.

やはりマイク的には2007年の第二四半期に彼が持っているDCSが大きなリターンを生み始める確信があり、そのようにサイオンキャピタルの顧客にも通知しているようですね。

ちなみにこの時点では2005年です。

If the fund's capitals drop too much, then the swaps contracts are voided.

@48:55

MIKE: Lawrence, that would be so stupid. I mean, the... If the fund's capitals drop too much, then the swaps contracts are voided. And then the banks get to keep all of the collateral.

MARTIN: Wait a minute. Wait.

MIKE: All of it.

MARTIN: The contracts are voided? The contracts are voided?

顧客たちがみんなこぞって資金を引き出すだろうと脅すローレンスに、マイクは爆弾を投下します。

なんと、サイオンキャピタルの資本が大きく減少してしまうことがあればそれぞれの銀行とのCDS契約が無効(void)になり担保にとられてしまうとのこと。

顧客たちに資金を引き出されると全ての計画が崩れてしまうため、マイクは何が何でも資金は確保しなければなりません。

I want my money back. Give me my fucking money back

@49:16

MARTIN: Holy shit! Oh, motherfucker!

LAWRENCE: Michael? Give me my money back. Michael, do you hear me? I want my money back. Give me my fucking money back... You motherfucker.

住宅バブルが弾けて大儲けができるできない以前に、自分と同じようにバブル崩壊に懐疑的な投資家たちが投資金を引き出してしまうことによってそもそものCDS自体が無効になってしまうリスクを心配したローレンスは取り乱し始めます。

ローレンスの反応見たマイクは、投資家を保護するためという名目で資金の引き出しを制限するという強硬手段に出ました。

To all investors...

マネーショートの中でもサイオンキャピタルの投資家宛に送ったEメールが何通か取り上げられています。

1:32:59

To all investors,

As you may know, our agreement allows me to take extraordinary measures when markets aren't functioning properly. I currently have reason to believe the mortgage bond market is fraudulent. So, in order to protect investors from this fraudulent market, I've decided to restrict investors' withdrawals until further notice.

Sincerely, Dr. Michael J. Burry.

  • measure: 測るという意味で使われることが多い「メジャー」ですが、実は「手段」「方法」という名詞で使われることも多いです。例:「a safety measure」で「安全措置」などの意味
  • fraudulent: は形容詞で人が金や権力を得るために人をだます、行為や金などが詐欺的な、不正な
  • until further notice: 追って通知のあるまで、次のお知らせまで

マイク・バリーってどんな人」の記事でもご紹介した通り、マイクは過去の事例から、住宅バブルの崩壊の前には金融詐欺率が上がることを突き止めました。

そして今回も住宅ローン詐欺が数年前に比べて5倍にも膨れ上がっているというのです。

このメールを受け取った投資家たちはどのように感じたのでしょうか。

ローレンスの反応はというと、早速メールで返信がありました。

1:34:01

Title: I'm suing.

From: L. Fields

そう、「I’m suing.」でした ∑(゚Д゚)

ローレンスの場合は脅しではなく、本当に訴えていることがわかります。

@1:36:12

MIKE: Uh, if you need the files for 2005...

LAWRENCE’s Representatives: Mr. Fields' suit is very specific to files from the past year.

MIke: Good. Then get out. Say hi to Lawrence for me.

LAWRENCE's Representatives: Will do.

ローレンスから訴えられたマイクですが、ローレンス宛のメールにこんな内容で返す大人なマイク↓

@1:47:51

Dear Lawrence,

Your profits totaling$489 million from Scion Capital have been deposited into your account. You're welcome.

なんと、$500ミリオン弱もの利益を送金しておいたから「どういたしまして」とさらっと。

あんなに反対していたローレンスも、きっと訴訟は取り下げて黙ってこのお金を受け取ったのではないでしょうか。

結果的に予想通りに住宅バブルが弾け超大金を受け取った一匹オオカミ的なマイクですが、実は人間関係などでも思うところがあったようです。

@1:56:12

To all investors,

I met my wife on Match.com. My profile said, "I am a medical student with only one eye,” "an awkward social manner," and “$145,000 in student loans." She wrote back, "You're just what I've been looking for." She meant honest. So let me be honest. Making money is not like I thought it would be. This business kills the part of life that is essential. The part that has nothing to do with business. For the past two years, my insides... have felt like they're eating themselves. All the people I respected won't talk to me anymore except through lawyers. People want an authority to tell them how to value things but they choose this authority not based on facts or results. They choose it because it seems authoritative and familiar. And I am not and never have been "familiar".So, I've come to the sullen realization that I must close down the fund.

Sincerely, Michael J. Burry, M.D.

私個人の意見ではありますが、「authority」は英語でよく使われるわりに日本語に訳すのが難しい単語の一つではないかと思います。

それくらいバチンッとくる意味が難しいんですよね。

ウェブ辞書大手のWeblioを参照するとこちら。

    • authority: 権威、権力、威信、重み、にらみ、権限、職権、(権力者による)許可、認可、自由裁量(権)
    • authoritative: 権威のある、信ずべき、官憲の、当局の、その筋からの、命令的な、有無言わさない、厳然たる
    • familiar: よく知っている、見慣れている、ありふれた、熟知して、精通して、よく知られて、親しい、心安い、遠慮気がねのない、打ち解けた

そこらへんを踏まえて聞いてみると、どんな感じで聞こえますか?

奥様との出会いのきっかけも自分の誠実さだったので、誠実なところが自分の取り柄であることを伝えた上で、投資をする上での人間関係の大変さなどを語り始めます。

こちらは英語字幕から抜粋しました。

"人々は物を評価するプロを求めているが、事実や結果に基づくプロは選択しない。

人々が選ぶのは、親しい仲間であるプロだ。

そして僕は決して親しい仲間ではなかった。"

結局、マイクは2008年にサイオンキャピタルを一旦閉じることにしました。

個人投資に集中するためということですが、やはりこのメールを読むとローレンスに訴えられたりと人間関係に疲れてしまったということもあるかもしれませんね。

この映画の中でマイクは、随時サイオンキャピタルの運用益を自分のオフィスの前の大きなホワイトボードに書き出します。

もちろん最初の頃はマイナスばかりでしたが、最終的な運用益は圧巻。

@1:57:59

+489%

Total Profit $2.69 Billion

利益総額26億9,000万ドルですって。

マネーショートで英語リスニングのまとめ

いかがでしたでしょうか。

自分で英語で聞き取れるようになると、字幕からだけでは伝わりにくいニュアンス的なものがわかるような感じはしませんか?

 

字幕なしで観てみたいけど「英語がハイレベルすぎる」と躊躇されている方には、「マネーショートの英語を字幕なしで聞き取るポイントはズバリ‼︎」もおすすめです。

 

 

 

-映画で英語リスニング

© 2021 Listening 101