映画で英語リスニング

映画で英語のリスニング「インターンシップ」予告編 後半

  1. HOME >
  2. 映画で英語リスニング >

映画で英語のリスニング「インターンシップ」予告編 後半

映画で英語のリスニング「インターンシップ」予告編 前半」の後半です。

リスニング力を上げるための練習の一つとして多聴がありますが、ほんの数分にまとめられた映画の予告編(movie trailers, official trailers)なら何度でも繰り返し聞くことに意味がある多聴に特にお勧めです。

映画のあらすじやオフィシャルトレイラー1は前半をご参照ください。

映画で英語のリスニング「インターンシップ」予告編/ Official Trailer 2

Nick: You closed the company?

Billy: What about us?

Boss: You two were great salesmen.  But it's too late for you guys.  Everything is computerized.  And you two are dinosaurs.  And I'm going to say something harsh now.

Billy: Now, now you are going to say something harsh.

"SOMETIMES YOU HAVE TO LOSE EVERYTHING"

*「harsh [hάɚʃ]」は「辛辣な」「厳しい」という意味ですが、ハッシュドビーフやハッシュタグなどの「hash [hˈæʃ]」、「静かにする、させる」の「hush [hˈʌʃ]」とは異なる単語なので気をつけましょう。

「ア」の音の発音については「英語リスニングは「ア」の発音に要注意」もぜひ参考にしてみてください。

Billy: Nick, I got it.

"TO FIND WHAT YOU'RE SEARCHING FOR"

Billy: Google.

Nick: You got us jobs at Google?

Billy: It's an interview for an internship that could lead to a job.

*「I got it.」は「I've got it」の省略形でカジュアルな「おっけー」「了解!」などの意味で使われます。必ずしも過去形である必要もなく、「get it」も同様によく使われます。ここでは「わかった!」「ひらめいた!」のような意味になります。

Dana: You are kidding, right?

Lyle: They have more life experience than the age of most of our interns.

*「You are kidding!!」で「冗談でしょう?」です。「No kidding!」「Stop kidding!」も「冗談はやめて」だけではなく「うそ!」「冗談でしょ?」のようにもっと軽く使えます。冗談を言った後に「I'm just kidding!」もよく聞かれる表現です。

Chetty: Welcome to Google.

Nick: Do you know what launch this was from?

Dana: If only there were some webpage you could go to?  Type things in and search for answers.

*「launch」で「どの打ち上げの時の部品か知ってる?」という意味になります。

*キャラクター同様に、実際にオーストラリア・シドニー出身のRose Byrneという女優が演じるDanaの英語はオーストラリアのアクセントがあってしかも少し早いので、アメリカ英語に慣れている人には少し聞き取りにくいかもしれません。

Graham: You are interns? Shut up!!

Billy: Deal with it.

Graham: You are so old though.

Nick: We are looking at some sort of mental hunger games against a bunch of genius kids for a handful of jobs.

*「Deal with it.」は「我慢しろ」や「自分でどうにかしろ」という意味でよく使われる言い回しです。実際に使うのはかなり親しくなってからが良いでしょう。

*秀才の学生たちが頭を使ってわずかなポジションをかけて競い合う姿を、若者同士が殺しあう「ハンガー・ゲーム」に例えてまるで「知能のハンガー・ゲーム」だと言っています。

Chetty: You will be divided into teams.

Billy: Find some geniuses.

Graham: Hello, Stanford. You, college.

Yo-yo: University of...

Graham: No!  Homie, you are coming with me.

Billy: You are what I got.

Lyle: I don't have a group.

Chetty: You'll mentor the leftovers.

*「divide into」で「分ける」。「divide by」で算数で使う「割る」ですが、「10 divided by 2 is 5.」や「10 divided by 2 equals 5.」のように使えます。

*「homie」や「homey」とも綴られますが、「親しい友達」や「幼馴染」「信頼できる仲間」という意味です。

*「leftover」で「残り物」。パーティーの後に残った食べ物もレフトオーバーと言います。

Lyle: I'm Lyle. One of the team managers. Pound me. Come on, bro. Fist me. Let's all fist each other.

Neha: Oh, I am Neha Patel.

Stewart: Stewart.

Yo-yo: My name is Yo-Yo Santos.

Billy: How about a high-five... WHOAAA!

Nick: Did you get beat up a lot in school?

Yo-Yo: I was homeschooled by my mom.

Billy: Did you get beat up a lot in homeschool?

"TWO GENERATIONS"

*日本語では「タッチ」と呼ばれるお互いの手のひらを合わせる行為ですが、「Give me five!」がよく聞かれる表現です。

*「homeschool」とはアメリカではよく聞かれる教育スタイルのことですが、それぞれの州が定める条件を満たせば学校に通学する代わりに家で学習を受けることができます。家庭教師を雇うケースよりも両親によって教えられることが多そうです。(⇦私見)

Chetty: Your first challenge, manning the helpline.

Billy: I am not good with Gmail support.  For you is't kinda like teaching a little kid the alphabet, right?

Man with the headphones: Actually it is like teaching a kid a letter.  Just one letter.

*「man」には動詞で「機械や車などを運転する」という意味もあります。性別での差別的表現と捉える考えもあるので注意が必要です。

*「kind of like」で「〜な感じ」「〜みたい」という意味です。「のような」という意味の「like」は口語でよく使われますが、多用するとあまり賢い印象ではないので気をつけましょう。

"ONE CHANCE"

Graham: You will fail.

Billy: Sometimes long shots pay off the biggest.

Stewart: Our team is a joke.

Nick: We need to start believing.

Billy: This reminds me of a little girl from a steel town who had the dream to dance.
She reached up and pulled that chain to nowhere and doused herself with water.

Stewart: Flashdance? Talking about the movie from the '80's?

Billy: You are damn right, I am.

Neha: Oh, boy.

Nick: There's still some dreams floating around out there. It's not too late. You just got to reach out and grab them.

*「a long shot」はバスケットボールやゴルフの遠投のイメージで「うまくいく可能性の低いこと」を意味する言葉です。「It's probably a long shot, but let me ask if you can...」などのようにを「無理かもしれないけど…」というように使えます。

*「pay off」は「お金を完済する」という字面どおりの意味のほか「Hard work payss off.」などのように「努力が報われる」という意味でもよく使われます。

*「This reminds me of...」で「思い出させた」という意味になります。ここではこの試合の場面がフラッシュダンスの主人公アレックスが自分を信じて夢を叶えたという話を思い出したと言っています。

*アメリカの田舎まちでダンサーになることを夢見る18歳の女性が主人公の1983年の大ヒット映画。今でも特に女性ファンが多く何かと引用されることが多いので一度は観ておいても損はしないでしょう。

Chetty: We have rules.  Red means "no", green means "yes". Dating a fellow intern...  You can't date an intern.  NO.

Billy: So, we'll say no to love?

Chetty: We'll say no to love. Yes.

Billy: Is a one night stand considered dating?

*「say no to」は字面のまま「にノーと言う」ですが、つまり「反対する」「断る」という意味で使われます。デモ行進のプラカードやキャッチフレーズなどにも使われる表現です。

Stewart: Why don't the two of you guys go and find the programmer?

Yo-Yo: His name is Charles Xavier.

Neha: He is a professor.

Stewart: He is in a wheelchair.

Billy: Charles Xavier?

Man: You found me out.  Cyclops, Rogue, we're all here.  So come closer.

Billy and Nick: Oh, my god!!!

Billy: Professor Xavier is a total...!!!

*「Charles Xavier」映画「X-MEN」のプロフェッサーXというキャラクターのこと

*「(sitting) in a wheelchair」で「車椅子に座っている人」になります。「on a wheelchair」だと「車椅子の上に乗っている」という感じになります。「ride a bicycle」と同じように「ride a wheelchair」で車椅子に乗るとも言えます。

映画で英語のリスニング「インターンシップ」の面接シーン

Billy and Nick: Go cheek to cheek.  Don't crowd me.

Benjamin (male interviewer): We can here you guys.

Billy: Okay.  Great!

Nick: Good!  You got us?

Billy: Hi, my name is Billy!!!

Allyson (female interviewer): Uh, we can hear you fine as well.

Billy: Oh, great. Billy McMahon.

Nick: Nick Campbell.

Benjamin: I'm Benjamin.

Allyson: Allyson.  We are gonna ask you a few questions that some of our candidates find a little bit odd.

Nick: Let's get weird.

Billy: No judgement.  Shoot.

Benjamin: You were shrunk down to the size of nickels and dropped to the bottom of a blender, what would you do?

Billy: We go on our backs flat like this.

Nick: Right, right, right.  You just lay back, enjoy that breeze.  Pretend it's a fan.

Billy and Billy: And let those blades just whip all around you like this...

Billy: It's like getting an MRI.

Benjamin: Once this blender is on, it's on forever.

Allyson: It's on.

Nick: Respectfully, I got to disagree.  We sold blenders, and even the best model in the world is only gonna run nonstop for maybe 10 or 11 hours.  So we are getting out.  And when we do, we are better off for it, because whatever doesn't kill you makes you stronger.

Billy: It's not so much getting out of the blender.  It's what happens next.  That's the question.

Nick: You've got two nickel-sized men free in the world.  Think of the possibilities.

Billy: I mean, I, I, ... off the top of my head, ...

Nick: My head is swimming.

Billy: Sunglass repair?  We would be hell on those little screws.

Nick: Or maybe you stick us in those submarines that they put in peoples bodies to fight diseases.

Benjamin: Okay. That's not a real thing.  The submarines...

Allyson: No...

Billy: Wait a minute.  I though we were stuck in a blender.  Now we are saving lives?  What???

All: WHATTT????

Billy: Let me just recap this for you real quick.  We started off in a blender...  Now we are saving lives?

All: WHATTT????

Billy: Wait a minute!  We were stuck in a blender...

Nick: What a journey!!

Billy: Now we are saving lives???  WHHHAAATTT???

Nick: You guys led us to this.  Thank you.

*「You were shrunk down to the size of nickels and dropped to the bottom of a blender, what would you do?」で「もしあなた達の体が5セント玉の大きさに縮んでミキサーに落ちたらどうしますか」という質問になります。物理学的な答えは映画本編にもありますが「小さくなるとジャンプ力が増し、ジャンプすればブレンダーから飛び出せる」というようなことらしいです。⇦これを理解するのは英語力よりも物理力ですね!

*「Respectfully...」をつけることで、反論も「I disagree!」よりは随分丁寧になります。

*「be better off」で「の方がマシ」という意味。「I'm better off staying single. 」のように自分のことや、「You'd be better off just better quitting the horrible job right now.」のように相手へのアドバイスにも使えます。

*「better off for it」は「better off because of it」と同じ意味で「Things are better because of what happened...」「Things are better for us because of it...」という解釈ができます。

*「off the top of my head」は何も考えないで「思いつきだけど…」という意味で、「I don't know it off the top of my head... hmmm, let me think...」のように使えます。

なお、ニックとビリーのセリフが被っていてかなり聞き取りにくい部分も一部ありますが、雰囲気が味わえれば十分でしょう。

映画「インターンシップ」で英語のリスニング(後半)のまとめ

いかがでしたでしょうか。

ほんの数分の動画ですが、一つ一つのセリフが多いので前半と後半に分けました。

Billyが話す英語は早いだけではなく、使われている言い回しや単語が教科書英語とはかけ離れているのでかなり上級者向けです。

Billy英語が聞き取れれば、リスニングに関しては怖いもの無しでしょう!

この映画の舞台はGoogle本社という時代の最先端をぶっちぎる会社ですが、中年おじさんコンビが主人公というだけあり、「Flashdance」(80年代の映画)やAlanis Morissetteの「Ironic」(90年代の曲)が言及されているところも個人的には嬉しいです。

涙はありませんが(笑)、世代を超えた友情あり、努力あり、大どんでん返しあり、最後まで一気に楽しめる映画なのでリスニングのためだけではなくおすすめです。

なお、当ブログ運営者本人が最新の注意を払ってスクリプトを作成していますが、完璧ではないかもしれません。

お気付きの点などがありましたらご一報頂けますとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Flashdanceのオフィシャルトレイラーですが、やっぱりかなり古いです(笑)

 

-映画で英語リスニング

© 2021 Listening 101